西内まりや、「キューティーハニー」映画化で美少女アンドロイドに! | Push on! Mycar-life

西内まりや、「キューティーハニー」映画化で美少女アンドロイドに!

教育 教育

西内まりや主演『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY -TEARS-」製作委員会
  • 西内まりや主演『CUTIE HONEY -TEARS-』(C)2016「CUTIE HONEY -TEARS-」製作委員会
  • キューティーハニー役の西内まりや
1973年に永井豪により「週間少年チャンピオン」に連載され、男女問わず世代を超えて愛されてきた「キューティーハニー」を基に描いた映画『CUTIE HONEY -TEARS-』が公開されることが判明。主人公・如月ハニーに映画初主演となる西内まりやが抜擢された。

原作「キューティーハニー」は、天才科学者・如月博士により作られた美少女アンドロイド・如月ハニーと、彼女の体内に内蔵された「空中元素固定装置」を狙う犯罪組織「パンサークロー」との戦いを描いている。アニメ作品としても人気を博した本作は、「ハニーフラッシュ」のコールともにセクシーに変身する姿や、インパクトのある主題歌で一躍有名となった。

そんな本作の映画化に挑むのは「L’Arc~en~Ciel」「GLAY」「サザンオールスターズ」などのミュージックビデオやCM、さらにTVアニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」のオープンニング映像も演出しているA.T.(Asai Takeshi)と、『わたしのハワイの歩きかた』『リトルフォレスト 夏秋/冬春』などに携わってきた樋口良。新進気鋭の2人がタッグを組み全く新しいキューティーハニーを描く。

キューティーハニーを演じるのは、モデルや歌手としても活躍し、昨年には『レインツリーの国』でヒロインを好演した西内さん。本作の出演に「キューティーハニーという作品に携われたこと、そして映画初主演させて頂いたこと、本当に嬉しく思います。皆様が愛するハニー像を今回の映画ではいい意味で裏切りたいです。新しいハニーが生まれたと感じています」と自信を覗かせた。本作では初めてアクションにも挑戦するいう西内さんは「ほとんどがCGで作られる壮大な世界観。撮影ではプロデューサーさんや監督と密に話し合いながら風景を想像し、丁寧に演じるよう心がけました。アクションでは、回し蹴りやワイヤーを使ったアクション。アザを作りながらも、撮影に挑み、迫力のある映像になっていると思います」と語った。

「キューティーハニー」のほかにも「マジンガーZ」「デビルマン」など世に送り出し、海外でも高く評価されている原作者の永井氏は、西内さんがハニーを演じることについて、「今回、西内まりやさんという当代きっての美人女優を得て、新生ハニーの映画が製作され、最新の映像技術が、ハニーの活躍の場を“空想の未来”にしてくれた。まさに、永遠の美少女にふさわしい舞台じゃないか! 原作者として、とても嬉しい。ハニーちゃんがどんな活躍をするのか、楽しみだ!」と喜びのコメントを寄せた。

『CUTIE HONEY -TEARS-』は今秋、全国にて公開予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top