前田敦子、“二股”“不倫”がテーマの濃厚ラブストーリーに挑戦!「楽しめたらいいな」 | Push on! Mycar-life

前田敦子、“二股”“不倫”がテーマの濃厚ラブストーリーに挑戦!「楽しめたらいいな」

エンタメ エンタメ

「毒島ゆり子のせきらら日記」(C)TBS
  • 「毒島ゆり子のせきらら日記」(C)TBS
  • 「毒島ゆり子のせきらら日記」(C)TBS
「二股恋愛」や「不倫」といった恋愛の大テーマを“深夜の昼ドラ”として描く4月期放送のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」。この度本作の超恋愛体質な主人公・毒島ゆりこ役に前田敦子が抜擢された事が明らかになった。また併せて新井浩文、渡辺大和、片岡鶴太郎ら共演陣も発表された。

あけぼの新聞文化芸能部に勤める毒島ゆり子(前田敦子)は、ある朝彼氏から別れを告げられていた。突然の話に落ち込むゆり子…と思いきやすぐに別の彼氏である幅美登里(渡辺大知)に連絡をとっていた。そう、ゆり子は常に複数の男と関係を持つことを厭わない超恋愛体質女だったのだ。そんなゆり子は念願だった政治部への異動を告げられる。しかも与党・誠心党の幹事長・黒田田助(片岡鶴太郎)の番記者という、異例の大抜擢だった。ゆり子は政治部への異動、そしてほかの彼氏に振られたことを美登里に報告。美登里はゆり子の二股を容認しているのだ。しかもゆり子が二股をやめられない理由も理解しているようだ。

ゆり子の政治部記者としての初日、国会では黒田が番記者たちを引き連れて質問攻めにあっていた。それもそのはず、「黒田が部下を引き連れて誠心党から分党するのでは?」という噂が飛び交っていたからだ。早速キャップの安斎(近藤芳正)に連れられて黒田番としての仕事を始めるゆり子だが、なかなか他の記者の様に上手くいかない。そんな中、黒田ではなく側近の上神田(山崎銀之丞)に近づく記者がいた。あけぼの新聞のライバル社、共和新聞の小津翔太(新井浩文)だ。ゆり子の先輩記者・夏目(今藤洋子)曰く、 圧倒的なスクープを連発して、他社のみならず政治家たちからも一目置かれる存在だ。既婚者だという小津のことが気になるゆり子だが、彼女には自分に課したルールがあった。二股、三股を掛ける時は必ず相手に伝える。そして不倫はしない。自分を戒めるゆり子だったが――。

本作が目指すのは、“深夜の昼ドラ”。大物政治家の番記者としてがむしゃらに働きながら、 プライベートでは奔放な恋愛を満喫していた主人公の女性が、一人の魅力的な男性と出会い、恋に落ち、 壮絶な最後を迎えるまでを描くドロドロエンターテインメント。主演は『イニシエーション・ラブ』や「ど根性ガエル」など、女優としての幅を広げている前田さん。今回演じるのは、超恋愛体質の政治記者・毒島ゆり子。幼い頃に父親に裏切られた経験から男を信じることができず、誰かと恋愛をするときには「彼氏を二人作る」 という極端なルールを作り、どちらかに裏切られてももう一人の男が愛してくれる、彼女にとって恋愛は「愛と裏切り」が表裏一体と考えている役柄だ。

今回がTBS連続ドラマ初主演となる前田さんは、「初めて台本を読んだとき、『ドラマでここまで描いちゃっていいのかな?』と思った反面、『ここまでやっていいんだ。おもしろいな!』と感じました」と語っている。また「ゆり子は自分とはまったく違うキャラクターですし、開き直って“せきらら”なゆり子の恋愛や働きぶりを演じて、この役を楽しめたらいいなと思ってます」と役柄についても話した。「世の中の女の子の姿をすごくリアルに描いているので、『そうだよね』と共感していただける部分もあると思います」と本作についてコメントした。

そして共演には、「下町ロケット」が記憶に新しいあらゆる役を巧みに演じる新井さんがゆり子と恋に落ちるエリート政治記者・小津翔太を演じ、さらにゆり子の長年の恋人・幅美登里役には、ロックバンド・「黒猫チェルシー」のボーカリストでもある渡辺さん、ゆり子が担当する大物政治家・黒田田助役には片岡さん、ゆり子の取材先である政治家や秘書役には、山崎銀之丞や橋爪淳など、演技派が脇を固めている。

「恋愛」と「政治」に重点を置き、二股や不倫といった恋愛のテーマを“せきらら”な恋愛観や仕事の悩みと共にリアルに描く本作。果たしてゆり子は本当の愛に出会うことができるのだろうか。

テッペン!水ドラ!!「毒島ゆり子のせきらら日記」は4月20日(水)24時10分~TBSにて放送。
《cinemacafe.net》

特集

page top