【特別映像】レオナルド・ディカプリオ&監督が熱く語る『レヴェナント』が描くものとは!? | Push on! Mycar-life

【特別映像】レオナルド・ディカプリオ&監督が熱く語る『レヴェナント』が描くものとは!?

エンタメ エンタメ

『レヴェナント:蘇えりし者』 (C)2016 Twentieth Century Fox
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』 (C)2016 Twentieth Century Fox
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』 (C)2016 Twentieth Century Fox
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2016 Twentieth Century Fox
  • レオナルド・ディカプリオ/『レヴェナント:蘇えりし者』(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『レヴェナント:蘇えりし者』ポスタービジュアル(C)2016 Twentieth Century Fox
レオナルド・ディカプリオが俳優として実に5度目のノミネートで、悲願のアカデミー賞「主演男優賞」を獲得した『レヴェナント:蘇えりし者』。このほど、レオナルドが同「監督賞」を2年連続で受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥ、そして臨場感たっぷりの映像で「撮影賞」を3年連続で受賞したエマニュエル・ルベツキとともに、本作のテーマについて熱く語る特別映像が解禁となった。

本作は、レオナルドが、19世紀アメリカの未開拓の荒野を仲間たちと移動する途中で、熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負った上に、目の前で息子を殺され復讐心をその胸に宿す主人公ヒュー・グラスを熱演した文字通りの渾身作。実在したハンターの揺るぎない息子への愛と絆を鬼気迫る演技で表現し、ついにオスカーを手中に収めた。

また、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』と本作で65年ぶり史上3人目の快挙となる2年連続の「監督賞」を受賞したイニャリトゥは、脚本・製作も務め、いまだかつてない製作費をかけて、大自然が猛威をふるう極寒の地で自然光のみを使った9か月間のロケ撮影を敢行。撮影監督を務め、3年連続「撮影賞」受賞という史上初の快挙を達成したルベツキは、大きく引いたロングショットとクローズアップを駆使して圧倒的な映像を作り上げている。

到着した映像でレオナルドは、「全く新しい感覚だ。あまりの臨場感に息をのむだろう」と明かす。それは、ルベツキと再びタッグを組んだ監督がユニークな撮影スタイルを屋外へ持ち出し、広大な土地をなめらかに進むカメラワークと、登場人物たちの息づかいが聞こえるほどのクローズアップを多用したことだけに留まらない。「グラスの身に起きた悲劇を壮大なスケールで描くと同時に、彼の精神を映し出している」と監督自身が分析するように、そこには映像に加えて、感情移入できる普遍のストーリーがある。

「父と息子の愛を最も丁寧に描いた。本作の核となるからだ」と監督が明かすように、レオナルドは最愛の息子を失い、燃えたぎるような復讐心を原動力に、想像を絶する過酷なサバイバルへと身を投じていく父親を演じる。多彩なキャラクターを演じてきたレオナルドにとって、グラスは全く新しい役へのチャレンジとなった。「これまで、私はさまざまな形で考えを多くの言葉ではっきり伝えるキャラクターを演じてきたから、この役を演じることはユニークなチャレンジだった」と語り、ほとんど言葉を使わない生々しい演技が必要とされたことをふり返っている。


多くを語らぬとも、その視線、息づかい、身のこなし方などから、壮絶な男の生還を体現してみせたディカプリオ。そんな彼を余すところなくとらえた鮮烈な映像を、ここからも確かめてみて。

『レヴェナント:蘇えりし者』は4月22日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top