若き才能にキム・ギドクの問題作、レオ受賞作品…際立つ「ゆうばり映画祭」独特のラインナップ! | Push on! Mycar-life

若き才能にキム・ギドクの問題作、レオ受賞作品…際立つ「ゆうばり映画祭」独特のラインナップ!

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」が全ての日程を終え、2月29日(月)に閉幕した。今年も多くの俳優、映画関係者が訪れ映画祭を大いに盛り上げ、また、コンペティション部門、招待作品の上映でも意外なドラマが…!

エンタメ エンタメ
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2016」が全ての日程を終え、2月29日(月)に閉幕した。今年も多くの俳優、映画関係者が訪れ映画祭を大いに盛り上げ、また、コンペティション部門、招待作品の上映でも意外なドラマが…!

1990年に始まり、その後、夕張市の財政破綻のあおりを受け一度は中断するも、2007年には有志による「ゆうばり応援映画祭」が開催され、2008年より復活。今年で通算26回目、復活後では9回目の開催となった。

オープニングを飾ったのは岡田准一主演の『エヴェレスト 神々の山嶺』という、ゆうばりにぴったりの雪山ムービー! 平山秀幸監督が舞台挨拶に登壇したが、過去に2度にわたって同映画祭で審査員を務めた経験がある平山監督の凱旋に温かい拍手と声援に包まれた。

映画祭ゲストでは、「ニューウェーブアワード」で勝地涼&杉咲花が来場。また『セーラー服と機関銃 -卒業-』で映画初主演を飾った橋本環奈のゆうばり初参戦に、上映日は会場前に朝から長蛇の列が! このほか、現在放送中の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で注目を浴びている森川葵が、主演映画『ドロメ』を携えて、同じく小関裕太と共に来場。また『ドクムシ』に出演する村井良大、秋山真太郎(劇団EXILE)など、人気の俳優陣が夕張の地を訪れ、多くの若いファンが会場に足を運んでいた。

ゆうばりのコンペティション部門は新人発掘の色合いが濃く、これまでもクエンティン・タランティーノ、入江悠、山下敦弘などが同映画祭から巣立っていったが、今年も多彩な才能が集結! グランプリ受賞の『孤高の遠吠』(小林勇貴監督)は、監督が地元の友人の身に起きた事件をベースに、不良の世界に巻き込まれていく少年たちの姿を描いており、俳優として地元の本物の不良たちを起用している。審査員講評で「犯罪的」と言われるように過激な描写を含め、生々しく“反抗者”たちの姿を切り取った。

また、審査員特別賞受賞の『脱脱脱脱17』の松本花奈監督は18歳の現役高校生! 授賞式の壇上では感激のあまり涙を見せた。さらに翌日の「さよならビュッフェ」で発表された観客投票による「ゆうばりファンタランド大賞」も受賞! 本作はもちろん、この恐るべき才能が今後、どのような軌跡を辿っていくのか楽しみだ。

そして、授賞式後にさらに会場をわかせたのが、今年のゆうばり最大の問題作と言えるかもしれないキム・ギドク監督の最新作『STOP』。福島の原発事故に遭遇した夫婦のその後をフィクションを交えつつ描いているが、かなり過激な描写が含まれており、熱烈なファンが多いキム・ギドク作品といえども果たして今後、日本で公開できるのか…? 急遽、夕張を訪れたギドク監督は、上映後の質疑応答にも登場したが、「原発の問題は日本だけではなく地球全体の問題」と語り、本作に込めた思いや製作過程での苦労を語った。監督は、これまで本作を日本の主要ないくつかの映画祭に出品しようと試みるも通らなかったと明かし、同作の上映に踏み切ったゆうばり映画祭の“勇気”に感謝。映画祭の塩田時敏プログラミング・ディレクターは「ゆうばりにタブーはない!」と言い切ったが、こうした問題作を躊躇なく受け入れるところはまさに同映画祭ならではと言える。

また、劇場公開前にひと足早く、招待作品として話題の映画を鑑賞できるのは映画祭ならではの魅力だが、今年は特に、タイムリーかつ話題の作品が多数上映! 毎年、映画祭最終日(5日目)は米アカデミー賞の授賞式と重なり、さよならビュッフェの会場やプレスルームでも「○○が獲った!」「▲▲が3部門目!」といった情報が飛び交うが、今年は『ルーム』、『ブルックリン』、『レヴェナント:蘇えりし者』という作品賞をはじめ、主要部門に多数ノミネートされている超話題作が連日上映され、会場は多くの観客で埋まった。

『ルーム』のブリー・ラーソンは主演女優賞を獲得! 『レヴェナント』でアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が昨年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』に続き2年連続の監督賞に輝き、そして、レオナルド・ディカプリオが悲願の主演男優賞受賞を果たした。『レヴェナント』が日本の観客のために上映されるのは、このゆうばりが初めてであり、おそらくこの貴重な機会に鑑賞した夕張の人々もレオの受賞を喜んでいるだろう! オープニングの『エヴェレスト』同様に雪の中でのシーンの連続の映画であり、様々な点で同映画祭のクロージングにぴったりの映画となった。

「さよならビュッフェ」が終わると、ゲスト、東京から来た報道陣はバスで空港へ。市民の人々やボランティアスタッフが黄色いハンカチを振ってバスを見送るという恒例の光景が繰り広げられた。

【受賞一覧】

■オフシアター コンペティション部門

グランプリ:『孤高の遠吠』(小林勇貴監督)
審査員特別賞:『脱脱脱脱17』(松本花奈監督)
北海道知事賞:『親切ですね』(ソ・ジェイク監督)

シネガー・アワード:『バイバイ、おっぱい』(鋤崎智哉監督)
スカパー!映画チャンネル賞:『親切ですね』(ソ・ジェイク監督)
スペシャルメンション:『いろんなにおいのワカモノだ』(伊藤祥監督)

■インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門

グランプリ:『かたすみの鱗』(石谷恵監督)
審査員特別賞:『イカロスと息子』(眞田康平監督)
優秀芸術賞:『フォトグラファー』(ユ・ジェヒョン監督)/『ジョニー・エクスプレス』(ウ・キョンミン監督)/『New』(有馬將太監督)

■ゆうばりファンタランド大賞

大賞:『脱脱脱脱17』(松本花奈監督)
イベント賞:『セーラー服と機関銃 -卒業-』
市民賞:フールジャパン鉄ドン
人物賞:ジェシー・リー(『レヴェナント 蘇りし者』配給の20世紀FOX映画日本代表)
《text:cinemacafe.net》

特集

page top