エイミー・ワインハウスの父、娘を描いた映画に「監督がみんなを騙してる」と激怒 | Push on! Mycar-life

エイミー・ワインハウスの父、娘を描いた映画に「監督がみんなを騙してる」と激怒

エンタメ エンタメ

エイミー・ワインハウス(C)Getty Images
  • エイミー・ワインハウス(C)Getty Images
  • エイミー・ワインハウス&父ミッチ(C)Getty Images
  • エイミー・ワインハウス -(C) Getty Images
  • エイミー・ワインハウス -(C) Getty Images
2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、『Amy エイミー』が「長編ドキュメンタリー賞」を獲得した。この映画は2011年にアルコールの過剰摂取で亡くなったエイミー・ワインハウスの生涯を描いたドキュメント。世界から高評価を得て、アカデミー賞以外にも多くの賞を受賞しているが、エイミーの父ミッチは全く認めていないという。とりわけ、映画を監督したアシフ・カパディアに対する不信感と怒りをツイッターで吐露している。

「いつでもエイミーを誇りに思っているよ。エイミーがオスカーを受賞するわけじゃない。アシフ・カパディアが受賞するってことがすべてなのさ。ヤツはみんなを騙している!」「映画がオスカーを受賞したって私の姿勢は変わらない。この映画はネガティブで悪意があり、誤解を与えるようなエイミーの姿を描いている。なんとかしなきゃな…」。

ミッチの映画に対する具体的な不満は、映画で自分のコメントが勝手に編集されてしまっている、出演していたはずのエイミーの本当の友人たちのシーンがカットされている、エイミーが亡くなる前の3年間は薬物を断っていたのにそれを全く描いていないことなどだ。

一方のカパディアは受賞後のスピーチで、映画は「本物のエイミー」を描いていることを強調。マスコミが作り上げたエイミーの人格ではなく、世界に本当のエイミーの姿を見てほしかったと語っている。
《Hiromi Kaku》

特集

page top