アントニオ・バンデラス、夫婦最後の2ショット!? 共演作『オートマタ』から到着 | Push on! Mycar-life

アントニオ・バンデラス、夫婦最後の2ショット!? 共演作『オートマタ』から到着

エンタメ エンタメ

最後の夫婦写真!? 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 最後の夫婦写真!? 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
ドラマ、アクション、コメディとハリウッドで縦横無尽に活躍するアントニオ・バンデラスが、本格SF作品に初挑戦したことでも話題の『オートマタ』。このほど、本作の公開を前に、バンデラスと彼の元妻で『ワーキングガール』(’88)にてゴールデン・グローブ賞「主演女優賞」に輝いたメラニー・グリフィスのオフショット写真が解禁。2人は現在、離婚してしまっただけに、貴重な夫婦の2ショット写真となっていることが分かった。

2044年の砂漠化が進んだ地球を舞台となり、人工知能搭載ロボット“オートマタ”を製造・管理する調査員ジャックを主人公に、人工知能との共存を問う近未来リアルスリラーとなる本作。主人公のジャックを演じているのが、スペインを代表する名優にして、その甘いマスクで女性の心をガッチリと掴む色男バンデラスだ。本作では、当時の妻グリフィスと19年ぶり、結婚後初の共演を果たしていたのだが…。

2人の出会いは、映画『あなたに逢いたくて』(‘96)での共演。当時、バンデラスはスペイン人女優アナ・レサと結婚9年目を迎え、グリフィスもドン・ジョンソンと2度目の結婚をしていたが、一度燃え上がった恋の炎は止められず、即座に別居&離婚! 同年にはロンドンで挙式。翌年には娘ステラが生まれ、幸せな夫婦生活をスタートさせた。その後、グリフィスはバンデラス監督作『CRAZY IN ALABAMA』(‘98/原題)に出演するものの、俳優としての共演はなし。ようやく本作で、人工知能の謎を追うために協力しあう調査員と科学者を演じ、結婚後初共演を果たしていた。だが、2014年6月にグリフィスから離婚を申請。その理由は「和解しがたい不和」と言われている。

本作の撮影を振り返ったバンデラスは、「メラニーとの共演は僕らが出会った作品以来になる。だから今回、一緒にできてうれしいよ。快諾してくれて感謝してるんだ」と久々の共演を楽しんだ様子。一方のグリフィスも、「夫が製作と主演を務めていて、一緒に働く機会だったの。アントニオは有能だから、一緒に仕事ができてうれしいわ。彼はとても親切で寛大なの。撮影も楽しかった」とバンデラスにベタ惚れなコメントを残していた。

2013年5月に撮影現場で激写された今回の写真でも、バンデラスとグリフィスは手をつないでいるように見え、とてもリラックスした様子。だが、その視線は交わらず…。初共演作で結婚し、2度目の共演作で離婚することになってしまった2人。本作撮影中に「和解しがたい不和」に関する何かがあったのか? それは想像に任せるしかない。

『オートマタ』は3月5日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開
《text:cinemacafe.net》

特集

page top