阿部寛、共演した岡田准一を突然“さん”づけ! その理由は? | Push on! Mycar-life

阿部寛、共演した岡田准一を突然“さん”づけ! その理由は?

エンタメ エンタメ

阿部寛/『エヴェレスト 神々の山嶺』フレッシャーズ限定試写会イベント
  • 阿部寛/『エヴェレスト 神々の山嶺』フレッシャーズ限定試写会イベント
  • 尾野真千子/『エヴェレスト 神々の山嶺』フレッシャーズ限定試写会イベント
  • 阿部寛/『エヴェレスト 神々の山嶺』フレッシャーズ限定試写会イベント
  • 尾野真千子/『エヴェレスト 神々の山嶺』フレッシャーズ限定試写会イベント
夢枕獏氏の人気小説を映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』のフレッシャーズ限定試写会が3月1日(火)、都内で行われ、主演の岡田准一、共演する阿部寛、尾野真千子が登壇。春から新生活をおくる新卒者約130人を前に、新人時代のエピソードを披露した。

標高8,848メートル、氷点下50度の世界最高峰・エヴェレストに魅せられた男たちの決死のチャレンジを描いた本作。岡田さんは「V6」のメンバーとしてデビューした10代をふり返り、「最初の3~4年は覚えていないほど。怒られ続けて、何も考えられなかった」と新人ならではの苦労話。さらに「そのうち、自分が何もできない、何も知らないのに、そのことに気づかず調子に乗ってしまう時期もある」とフレッシャーズに“警告”する場面も。

そんな岡田さんは、印象に残る先輩として、ベテラン俳優・渡哲也の名前を挙げて「まだ10代後半だった僕にも、『岡田さん、今日はよろしくお願いします』と頭を下げて、挨拶してくださった。こういう方が、現場の信頼を集めるんだと実感した」と話すと、すっかり感化された(?)阿部さんは「今日から岡田“さん”と呼びます」と笑いを誘った。

その阿部さんは約30年前、モデルから俳優に転身し、「しっかり台詞を覚えたはずなのに、いざカメラの前に立つと、頭が真っ白とになりその場に30秒くらい立ちつくしてしまった」といまの阿部さんからは想像できない、驚きの告白。「でも、その経験が一生の宝になっているので、皆さんもぜひ緊張してください」とエールを送った。また、尾野さんは「デビュー当時は滑舌の悪さが悩みで、ボイストレーニングを受けようと思った」と明かし、「でも、当時の社長が『誰かに何かを教わったら、お前じゃなくなる』と言ってくれた」と話していた。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は3月12日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top