藤ヶ谷太輔&窪田正孝W主演ドラマ「MARS」、映画化決定! | Push on! Mycar-life

藤ヶ谷太輔&窪田正孝W主演ドラマ「MARS」、映画化決定!

エンタメ エンタメ

『MARS~ただ、君を愛してる~』(C)劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会  (C)惣領冬実/講談社
  • 『MARS~ただ、君を愛してる~』(C)劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会  (C)惣領冬実/講談社
  • 窪田正孝
惣領冬実の伝説の少女コミックを藤ヶ谷太輔と窪田正孝のW主演でドラマ化する「MARS~ただ、君を愛してる~」。放送前から話題を呼び、先日放送された第4話放送後も、主演の2人がキスシーンさながらの人工呼吸をする衝撃シーンで話題を呼ぶ中、本作の映画化がこのほど決定した。

春休み、湘南の海で出会った樫野零(藤ヶ谷太輔)とキラ(飯豊まりえ)。過去の傷を抱えながら孤独に生きてきた2人は惹かれあい、運命的な恋に落ちる。零の死んだ弟・聖(前田公輝)の親友・桐生牧生(窪田正孝)にも見守られながら、たくさんの障害を乗り越え、絆を深めていく零とキラ。しかし、ある事件をきっかけに、零の衝撃的な過去が明らかになる。記憶から消えていた双子の弟の死の真相が甦った零は、ショックから過呼吸を起こして倒れてしまう。そんな零のすべてを見透かしたように、何のためらいもなく人工呼吸で助ける牧生…。

そして今月21日(日)放送の第5話では、零の過去、牧生の秘められた想いが明らかに。狂い始めた零とキラ、そして牧生の運命とは。クライマックスに向けて、物語の第2章が始まる――。

原作は、1996年から2000年まで「別冊フレンド」(講談社)にて連載された惣領氏の漫画「MARS」。それまでの少女漫画では描かれていなかったディープなテーマや世界観が話題を集め、連載当初から少女漫画の枠をこえた“究極の恋愛漫画”として圧倒的な人気を獲得。累計発行部数は500万部超えを記録し、既に台湾ではテレビドラマ化もされ、海外でも人気を集めている。

今回決定した映画版では、牧生の歪んだ愛情が、零とキラ、そして牧生自身の運命をも狂わせる最終章が描写。ピュアで残酷なラブストーリーは、衝撃の結末へと導かれていくようだ。

脚本は『DEATH NOTE デスノート』シリーズの大石哲也が手掛け、『百瀬、こっちを向いて。』の耶雲哉治監督がメガホンを取った。キャストには、光と影の二面性を持つ高校生・零役に「Kis-My-Ft2」の演技派、藤ヶ谷さんと、零の中学の同級生で死んだ零の弟、聖の親友だった牧生役の実力派俳優・窪田さんのW主演をはじめ、誰にも心を開かず孤独に生きてきたヒロイン・麻生キラ役の飯豊さん、杉原晴美役の山崎紘菜、零の親友・木田達也役の稲葉友、零と聖のかつての恋人・桜沢しおり役の福原遥、零の双子の弟・聖役の前田公輝らドラマ同様、いまをときめく若手俳優陣が集結。また、主題歌もドラマ同様「Kis-My-Ft2」の「Gravity」が起用されることも明らかになっている。

映画『MARS~ただ、君を愛してる~』は6月18日(土)より全国にて公開。

ドラマ「MARS~ただ、君を愛してる~」は毎週日曜日0時55分~日本テレビにて放送中。
《cinemacafe.net》

特集

page top