古川雄輝「薄汚いブタどもっ!」 ドS挨拶に女性ファン歓喜の悲鳴 | Push on! Mycar-life

古川雄輝「薄汚いブタどもっ!」 ドS挨拶に女性ファン歓喜の悲鳴

エンタメ エンタメ

『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
  • 『ライチ☆光クラブ』初日舞台挨拶
野村周平が主演する『ライチ☆光クラブ』の初日舞台挨拶が2月13日(土)、都内で行われた。映画は古屋兎丸の人気コミックを原作に、思春期の美少年9人が、汚れた大人のいない新世界をつくろうと秘密結社“光クラブ”を結成し、裏切りと愛憎劇を繰り広げる。

この日は主人公・タクミ役の野村さんをはじめ、古川雄輝(ゼラ役)、中条あやみ(カノン役)、間宮祥太朗(ジャイボ役)、池田純矢(ニコ役)、松田凌(雷蔵役)、戸塚純貴(デンタク役)、柾木玲弥(ダフ役)、藤原季節(カネダ役)、岡山天音(ヤコブ役)、内藤瑛亮監督が登壇。旬のイケメンが勢ぞろいする舞台挨拶に、熱心な女性ファンが大挙駆けつけた。

主演の野村さんはもちろん、ひときわ客席の歓声を浴びていたのは、光クラブ内の絶対的権威を誇る“廃墟の帝王”ことゼラを演じた古川さん。開口一番「おはよう、廃墟の恋人たち…。この薄汚いブタどもっ」とキャラになりきったドSな挨拶を披露し、女性ファンは歓喜の悲鳴をあげていた。

そんな古川さんに対して、野村さんが「やっぱり一番大変だったと思う。セリフも膨大だし、最後は…。ずっと古川くんのこと、陰ながら応援していた」と労をねぎらう場面も。ただ、「誰が一番バレンタインのチョコをもらいそう?」の質問に、野村さんの名前を挙げる光クラブのメンバーが誰一人おらず、野村さんは「自分で(名前を)挙げるしかない」と苦笑いを浮かべていた。

『ライチ☆光クラブ』は公開中。2月27日(土)より全国拡大公開される。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top