“謎の美女”が2大ヒーローの間に!?『バットマン vs スーパーマン』新ビジュアル入手! | Push on! Mycar-life

“謎の美女”が2大ヒーローの間に!?『バットマン vs スーパーマン』新ビジュアル入手!

エンタメ エンタメ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』新ビジュアル (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』新ビジュアル (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 - (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 - (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』- (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
  • 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 - (C) 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
すべての常識を覆す、2大ヒーローによる世紀の対決を描く『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。このほど、バットマンとスーパーマンが火花を散らすその間に、“謎の美女”キャラクターが配された新ビジュアルがシネマカフェにて解禁となった。

愛する人々のため孤独に戦い続けてきた、誰もが知る“正義の象徴”スーパーマン(ヘンリー・カビル)が、人類を脅かす“最強の悪”とされてしまう本作。バットマン(ベン・アフレック)は彼の暴走を止めることができるのか。誰もが知るヒーローの衝突という圧倒的なスケールと、徐々に明らかになっていく設定に早くも話題沸騰。

今回のビジュアルでは、見慣れぬアーマーに身を包んだバットマンと、正義とは思えぬ表情でこちらを睨みつけるスーパーマン、さらに2大ヒーローの間に“戦うヒロイン”を感じさせる謎の美女が登場している。

漆黒のスーツにマントというイメージが強いバットマンが、ここで身に着けているのは、金属らしいより剛健なアーマー。このアーマーについて、監督のザック・スナイダーは「これはバットマンがスーパーマンに対峙するための手段の1つなんだ。あれを着たからといってパワーが増すわけではないし、時間稼ぎの道具ともいえる。スーパーマン相手には、そうでもしないと一瞬でメッタメタにされてしまうんだ」と解説し、バットマンが対峙することになるスーパーマンの圧倒的なパワーを明らかにする。対するスーパーマンは、正義の味方というイメージにそぐわぬ表情でこちらを睨みつけているかのように見える。

そして、2人の間に立ちはだかるこの女性キャラクター、演じているのは、2015年「世界で最も美しい顔」ランキングで見事2位を射止めた、ミス・イスラエルのモデルで女優のガル・ガドット。『ワイルド・スピード』シリーズのジゼル役としてもおなじみだ。本ビジュアルからは、その美しさだけでなく、彼女の持つ力強さや聡明さが伝わってくるかのよう。まさに、“戦うヒロイン”といった印象を受ける。

果たして、彼女はバットマンと同じく“人類の味方”なのか、それともスーパーマンのような圧倒的な“悪”なのか? 物語に大きな影響を与えるであろう女性キャラクターの存在から目が離せない。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は3月25日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top