ジェイミー・ドーナン、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編はフルヌードシーンが増える!? | Push on! Mycar-life

ジェイミー・ドーナン、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』続編はフルヌードシーンが増える!?

エンタメ エンタメ

ダコタ・ジョンソン&ジェイミー・ドーナン-(C)Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン&ジェイミー・ドーナン-(C)Getty Images
  • ジェイミー・ドーナン -(C) Getty Images
  • ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で恋愛経験のない純情な女子大生・アナスタシアを演じたダコタ・ジョンソン。ジェイミー・ドーナン演じるリッチでイケメンだけど危ない趣味を持つクリスチャンに惹かれ、恋愛に溺れていく役柄を大胆な脱ぎっぷりで演じ、世間を驚かせた。

アンディ・コーエンが司会を務める人気番組「Watch What Happens Live」に出演したダコタに「映画の中で君のヌードシーンの方がジェイミーより多いだなんて、不公平じゃない?」と聞いたコーエン。ダコタは「なかなか興味深い質問だわ! そうねぇ…続編ではジェイミーをフルヌードにしちゃう!」と意気込んだ。

確かに、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』では、全編を通して約14分間描かれるセックスシーンで、ジェイミーよりもダコタのヌードが中心的に映っていた。

「カルバン・クライン(Calvin Klein)」の下着モデルを務めたこともあるほど、美しい肉体を持つジェイミーだが、誰もがひれ伏すほどの美男子クリスチャンを演じるにあたり、1日5回プロテインシェークを飲み、3時間のワークアウトをこなし、さらなる肉体美を目指したという。続編ではそんな努力の賜物であるジェイミーのフルヌードが多く見られるかもしれない。

共に俳優の両親を持つダコタは「この映画だけは両親に観てほしくない」と言ったほど、激しい濡れ場満載の映画だったが、続編『Fifty Shades Darker』はより過激になりそうだ。
《Hiromi Kaku》

特集

page top