ベテラン講師が語る(後編)保護者が望むのは「もっと話せる、使える英語」 | Push on! Mycar-life

ベテラン講師が語る(後編)保護者が望むのは「もっと話せる、使える英語」

教育 教育

(左から)イーコラボの芳井先生、井出先生、大木先生
  • (左から)イーコラボの芳井先生、井出先生、大木先生
  • 子どもの英語教育について語る先生方
 子どもたちの英語学習が大きく変化している。英語教室として45年の歴史をもち、英語教育の変化に対応し続けてきた小学館アカデミーで、長年活躍を続ける井出麻美子先生、芳井由美先生、大木美希先生に、英語教育について話を聞いた。

 前編では、子どもの英語教育現場で感じる変化を中心に、英語にまつわる先生ご自身のエピソードを中心に紹介。後編は、子どもたちが未来をよりよく生きるために必要な英語について、さらに保護者の英語教育への関わり方、そして小学館アカデミーの新メソッド「イーコラボ」について紹介する。

◆英語学習は保護者のかかわりが重要

--保護者の意識に変化はありますか。

大木先生:変わってきていますね。日常的に、いかに英語に触れられるかに興味をもつようになったと感じます。親御さんも一緒に宿題に取り組み、家族みんなで応援しているということがお子様に伝わるよう、たくさん声をかけてもらっています。教室に来るお母様からも、英語に対する意識が変わってきているんだなと実感しています。

--自分の間違った発音を教えることに不安になる保護者もいるのではないでしょうか。

芳井先生:その国ごとに英語の発音が違いますし、10人いれば10とおりの発音があります。だから気にせず、親御さんはジャパニーズ・イングリッシュで、お子様と一緒にどんどん話して、英語に触れるのがいいと思います。

井出先生:家族全員で英語に取り組むことが、お子様にとってのモチベーションアップにつながります。お子様が一人で取り組んでも、気持ちが途切れてしまうので、全員で一緒に取り組むことが大切ですね。

◆保護者が望むのは、もっと話せる、使える英語

--未就学のお子様は、小学校の英語改革や大学入試改革に直面します。

芳井先生:それにともない、保護者もこれからは会話力も重要、という意識に変わってきました。もちろん、読んで書く力も必要ですから、イーコラボのカリキュラムに反映させていますが、保護者からは、話せるようになってほしい、英語を使えるようになってほしいという要望を感じます。

井出先生:幼児が日本語を覚える過程は、絵本の読み聞かせなどで出るフレーズが、親子の会話の中に出て、身についていきますよね。英語の場合も同じで、私たちのイーコラボの教材、たとえば「うさぎとかめ」の場面設定には、日常使う言葉をちりばめ、自然と英語が身につく内容になっています。

--イーコラボの授業は1クラス何人で行っていますか。

井出先生:先生ひとりにつき、生徒が最大8名です。みんなでやるから、自分が言えないときにも、周りが助けてくれたり、仲間でリズムや音を楽しみながら、徐々にできるようになります。イーコラボが取り組む、みんなで一緒に英語を学ぶ学習法「ジョイントストーリーテリング」のメリットは、生徒同士、生徒と先生など、みんなで教え合い伝え合うところです。

◆ストーリーを題材に学ぶ意欲が身につく

--イーコラボの特徴を教えてください。

井出先生:小学館アカデミーは、小学館ホームイングリッシュスクールから始まり、小学館ホームパル、小学館アカデミーと、これまでにも継続して英語教室を展開してきました。そして、45年間で卒業生130万人以上という、これまで培った経験を活かして、新しい考え方のメソッド「イーコラボ」を3年前に導入しました。

 さらに、幼児・児童のための英語教育の第一線で長年活躍するアレン玉井光江先生を軸に、1歳から小学校高学年対象まで、日本の子どもに最適なプログラム改訂に必死で取り組んだ末、生まれたのが、ストーリーを題材としながら、たくさん聞いて口に出して身につけていく、「ストーリーベースカリキュラム」です。2015年春に、全国展開をスタートしました。

芳井先生:お子様たちは成長にともない、学校のことや他の忙しさのために、英語に向き合い、英語に夢中になる時間がどんどん減っていきます。イーコラボをスタートさせたことで実感したのですが、お子様が英語に触れる時期は、早いほうがいいと改めて感じました。

 たとえば、教材のひとつである音声ペン「Edu Talk」は、小さい子ほど夢中になって、どんどん耳で聞き、口に出しています。夢中になれる時間が多いほど、英語力は身につきますし、自ら取り組む自主的な姿勢が生まれると思います。

【無料体験・資料請求のお申し込み】小学館アカデミー「イーコラボ」
 電話:0120-415861(月~土9:30~17:30・祝日除く)

 聞く・話す・読む・書く、この4つの要素を、物語を通じて身につける、小学館アカデミーの英語教室「イーコラボ」。教材のひとつであるタッチペン対応の音声ペン「Edu Talk」は、テキストの聞きたい物語のシーンをタッチすると、音が出るしくみ。教室での活用はもちろん、ご家庭で使う際は準備の手間もないので、いつでも気になるところに集中して勉強できるというメリットがある。
 また、単語の読み書きにも対応した教材も用意。リズムに乗せて大量の英語を発話し、文脈に富んだまとまりのある言葉に触れることで、使える英語が身につくというシステムだ。
 日本の英語教育に取り組み続けて45年。英語教育の大きな変革がある年であり、かつ東京オリンピックが開催される2020年に、小学館アカデミーは50周年を迎える。時代が求める英語教育に柔軟に対応しながら、誇りをもって指導にあたる先生たち、そして熱意のこもった授業展開は、これからも保護者から支持され続けるのではないだろうか。
《編集部》

特集

page top