【プロショップ訪問記】lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県): センスの良いカスタム、ナイス・サウンド、なんでもござれのフレンドリーショップ! | Push on! Mycar-life

【プロショップ訪問記】lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県): センスの良いカスタム、ナイス・サウンド、なんでもござれのフレンドリーショップ!

【lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)】センスの良いカスタム、ナイス・サウンド、なんでもござれのフレンドリーショップ!

カーオーディオ ショップ訪問記
【プロショップ訪問記】lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)


【lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)】センスの良いカスタム、ナイス・サウンド、なんでもござれのフレンドリーショップ!

栃木県は宇都宮市にあるlcSound Factory(エルシーサウンドファクトリー)といえば、ロックフォードフォズゲートのモンスターパワーアンプ、T15kWを搭載したハイエースが超有名だ。トータル出力はなんと1万5000W、重さは81.8kgという積む込むだけでも大変なアンプを、電動可動ギミックまで盛り込んでシャープにインストール。そして、室内の大量のスピーカー群を、豪快に鳴らし切る、カスタム、サウンド両面で超ド級なクルマだ。


lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)


lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)


このハイエースをはじめ製作したクルマのかずかずを、ドレスアップ & カスタム系カー雑誌の表紙に登場させてきたlcサウンドファクトリー。実力ショップとして全国に名を轟かせているが、その一方で、お客さん同士の仲が良いお店としても有名。イベントには大人数でチームを組んで繰り出すし、イベントのない週末は、お店に人が集まり、店内 & 店頭は、さながらサークルの部室のような雰囲気となる。

集まってくる人の年齢層は幅広いが、20代とおぼしき若い人が多い印象。さらに、女性客が目に付くのもlcサウンドファクトリーならでは。彼氏のお供で来ている女性もいるが、自身のクルマにオーディオをセットするために来店している、いわゆる「ガールズオーナー」も多い。女性ユーザーからも支持されるというあたりは、元気があるショップの共通項だと、改めて実感する。


(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)#1

lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)#2


さて、同店に集まるユーザー同士の仲が良い最大の要因とは何かといえば、それはとりもなおさず、代表の坂本さんが細やかに心配りをしているから、にほかならない。「とにかく、気軽に集まってきてほしいんです。そして、デモカーを見に来ただけの人でも、できるだけ名前を覚えて声をかけるようにしています。友達を作っていってほしいから、溶け込みやすいようにと(笑)」

ところで、このlcサウンドファクトリー、今でこそ、カスタムに強いお店というイメージだが、実はハイファイにも造詣が深いお店だ。私が坂本さんを知った7年ほど前は、むしろハイファイショップという印象のほうが強かった。マニアックな、アナログのアクティブクロスオーバーを用いてシステム構築したクルマなどを見るにつけ、真摯に音質を追求するショップ、というイメージを持っていた。そもそも音に魅せられてカーオーディオにハマったという坂本さん。カスタムを極めるより先に、音の理論を深く研究することから、カーオーディオショップとしての歴史を積み上げてきた。


lc Sound Factory<エルシーサウンドファクトリー>(栃木県)


しかし、坂本さんは凝り性、そして負けず嫌い。お客さんの要望に応える形でカスタムを手がけ始めると、ついつい、要望以上の完成度を目指してしまい…。気合いを入れて作ったカスタムオーディオカーは、イベントで目立つようにもなり、カスタムに強い店という評価がぐんぐん高まる。そして次に作るクルマでは、さらに強烈なカスタムを手がける…。これが『カスタムに強いお店』というイメージを確立させてきた流れだ。つまり、本当のところは、ハイファイでもカスタムでも、なんでもござれのお店なのである。

行って楽しく、音も作りも任せて安心、さらにはセンスのよいカスタムオーディオカー作りにも抜群の実力を発揮する、lcサウンドファクトリー。デモカーやユーザーカーを見に、一度は同店を訪れる価値高し♪ 帰りには、坂本さんおすすめの餃子屋さんに寄るっていうプランも、アリ(笑)。

《太田祥三》

特集

page top