【特別映像】巨大ウェーブに挑む決死のサーフ・アクションの舞台裏『X-ミッション』 | Push on! Mycar-life

【特別映像】巨大ウェーブに挑む決死のサーフ・アクションの舞台裏『X-ミッション』

エンタメ エンタメ

『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • “ビッグウェーブ男”ことBUTCH/『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『X-ミッション』(C)2015WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
キアヌ・リーブス主演で伝説的人気を博した『ハートブルー』(’91)を原案に、前代未聞のノーCGで繰り広げるリアル・アクションが話題の『X-ミッション』。このほど、『ハートブルー』を超える、巨大波のサーフシーンに挑んだプロサーファーたちの撮影メイキング映像が解禁。極限アクション・シーンの数々に、「コレは乗るしかないぜバディ。dude」と太鼓判を押す“流行りのビッグウェーブに乗る男”BUTCHほか、プロサーファーたちからもコメントが到着した。

若きFBI捜査官ユタ(ルーク・ブレイシー)に下されたミッションは、謎のスポーツ・アスリート犯罪集団への潜入捜査。エクストリーム・スポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)が率いるこの集団は、ある目的を果たすため、8つの“極秘のミッション”を遂行する。その1つが、10年に1度といわれる30mの波に挑むサーフィンだった――。

圧巻のサーフ・アクションが撮影されたのは、世界最大の波が来ることで有名なタヒチ島チョーポー。届いたメイキング映像では、一流プロアスリートたちを集結させ、巨大波が押し寄せる中、命がけの撮影が行われた様子が確認できる。

「サーフィンの真髄をつかんでいる映画はごくわずかなんだ。サーフィンの哲学をこの映画は捉える」と語るのは、原案の『ハートブルー』にも出演した世界最高のビッグウェーバーであり、数々の伝説的な波を乗りこなしてきたレジェンドサーファー、レイアード・ハミルトン。本作でも監修を務め、ゲスト出演も果たしている。映像では、1つの波に2人で乗る危険かつ高難度の離れ業に挑戦している。

また、キャストはもちろんのこと、荒れ狂う波に揺られながら船上や水中に潜ってスタンバイする撮影スタッフにとっても命がけ。ヘリコプター、ドローンなど多くの機材を使用し、未知なる映像体験を可能にした貴重な舞台裏が収録されている。

「海のパワーはすさまじかった」と当時をふり返るのは、サーフ・スタント・コーディネーターのブライアン・ケアウラナ。撮影時、ユタ役ルーク・ブレイシーのスタントを担当したローレンス・“ローリー”・タウナーは、実際、波にのまれてしまったこともあったという。タウナーは、「頭を打った後、覚えていないんだ。気づいたらラグーンにいて…人生最悪の失敗だったけど、(生きていたことが)幸運だった」とコメント。インタビューを受ける彼の顔を見ると、打撲の跡と擦り傷、そして首にはガーゼがあてられており、いかに大きなリスクを伴った撮影だったかが伝わってくる。

VFXではなく、実際に生身の人間が挑んだこれらの極限アクションには、全米オープン優勝の経験を持つプロサーファーの大原洋人氏や、プロサーファーでWSLツアー日本チャンピオンの大橋海人氏も絶賛。また、新型iPhone発売時の行列のマスコミ取材に対し「世界的ですものね、乗るしかない、このビッグウェーブに」と言い放ち、その台詞と奇抜な容姿から、一躍、ネット上の有名人となった“ビッグウェーブ男”こと、BUTCHさんからもコメントが到着している。

<BUTCH(通称 ビッグウェーブ男)コメント>
■作品に対してのコメント
ハンパないステージでのビッグウェーブ三昧! コレは乗るしかないぜバディ。dude
■サーフィンシーンの特別メイキング映像に関してのコメント
乗るしかない、このビッグウェーブに! dude

<大原洋人(プロサーファー/全米オープン優勝)コメント>
全ての場面でドキドキしながら観ていました! アクションシーンではトップアスリートが出演していて、映画を撮ってる規模の大きさに驚きました! 絶対一度は見なきゃ損するど迫力の映画!!

<大橋海人(プロサーファー/WSLツアー日本チャンピオン)コメント>
サーフィンはもちろん僕でも見たことない世界が広がっていて、他のスポーツも上映中に瞬きをほぼできないくらいの迫力と臨場感!! 何か自分の心が常に踊っていて、やる気が湧いてきて何かにまたチャレンジしたい気持ちにさせられました。どの映像も命懸けなので、メイクしたときは思わずガッツポーズとホッとする気持ちになる。ストーリーも先が読めず凄く面白かった。ひとことでこの映画を表すなら「ヤバい!!」が1番しっくりくる映画。ヤバかったです。

『X-ミッション』は2月20日(土)より新宿ピカデリー、丸ノ内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top