内田理央、窪田正孝の理想の女性に!?「臨床犯罪学者 火村英生の推理」出演決定 | Push on! Mycar-life

内田理央、窪田正孝の理想の女性に!?「臨床犯罪学者 火村英生の推理」出演決定

エンタメ エンタメ

内田理央/「臨床犯罪学者 火村英生の推理」
  • 内田理央/「臨床犯罪学者 火村英生の推理」
  • 内田理央/「臨床犯罪学者 火村英生の推理」
斎藤工を主演に、窪田正孝、優香らを迎えて贈るドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」。この度、昨年「仮面ライダードライブ」にてミニスカポリス姿でヒロイン役を好演した内田理央が第4話に出演することが明らかになった。

火村(斎藤工)とアリス(窪田正孝)は、有名な宝石商・堂条秀一(岩城滉一)が女性と一緒にいるところを見かける。連れの女性を見た火村は、彼女がアリスの理想のタイプに違いないと言い出す。アリスは、火村に胸の内を言い当てられて動揺していた。数日後、秀一が何者かに殺害され、火村とアリスは、この事件の捜査に協力することに。遺体の第一発見者は秀一の弟・堂条秀二(合田雅吏)と、秀一の秘書・鷺尾優子(内田理央)。優子は、火村とアリスが見た、秀一の連れの女性だった。捜査が進み、秀一のもう一人の弟・吉住則夫(渋谷謙人)に容疑がかかる。吉住は、アリスの友人でもあった。事件を追う一方、優子のことが気にかかる有栖。そんな中、火村とアリスは吉住から、秀一の血が付いた服を隠していたことを打ち明けられる。決定的な証拠が見つかり、犯人は吉住と思われたが…。

内田さんが演じるのは、岩城滉一演じる有名宝石商・堂条秀一の秘書、鷺尾優子役。堂条の弟と共に事件の第一発見者となる。また窪田さん演じるアリスが事件を追う一方で、優子を理想の女性として気にかけ、彼女だけに自分の過去を語るという場面も。今回の事件の握る重要な役どころを好演する。

内田さんは「ニーチェ先生」(日本テレビ)を始め、「ダメな私に恋してください」(TBS)では深田恭子演じるミチコと同じ会社で働く女子社員・江藤瞳役で出演、さらに初の主演映画『血まみれスケバンチェーンソー』の公開も控え、様々な役柄に挑戦している。

今回の出演決定をうけて、「今期、とても楽しみにしていたドラマだったのでゲストでの出演が決まったときはとても嬉しかったです」と喜びを語った。「今回私が演じさせて頂いた鷺尾優子は、男性から好かれ女性からも嫌に思われない女神のような役。年齢設定も私自身より上だったので、子どもっぽくぶりっこにならないよう気をつけました」と試行錯誤しながら演じたという内田さん。「現場は斎藤さん窪田さんを始め、皆さんが一丸となっていい作品を作ろうとする和気藹々とした雰囲気で、短い期間の撮影でしたがとても楽しかったです。いろんな人物を魅了する鷺尾優子が、事件とどう関わっていくのか、皆さん是非ご覧ください!」とファンに向けてメッセージを贈った。

「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は毎週日曜日22:30~日本テレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top