【オーディオ教養強化辞典】S/N比(Signal to Noise Ratio)とは | Push on! Mycar-life

【オーディオ教養強化辞典】S/N比(Signal to Noise Ratio)とは

カーオーディオ 特集記事

オーディオを語るとき、S/Nがいいねとか、S/Nがもう少しとか言ったりする。

S/Nは、S/N比のことでSignal to Noise Ratioの頭文字をとった略。プリ、パワーアンプなどに一般的に使われるほか、各種プレーヤー、デジタルプロセッサーなど、個々の製品の仕様書に記載されている。

S/N比は信号と雑音の比率を意味するので数値が大きほうが、S/Nに優れている。表示はdB(デシベル/音の大きさを表す単位)を用いる。

では、Dレンジとはなんだろう。Dレンジはダイナミックレンジのことで最小音と最大音の差を云う。ノイズに埋もれてしまいそうな小さい音から最大音までの差を云うが、もしノイズがゼロの場合いとすると最小音もゼロなのでDレンジは無限大となってしまう。

Dレンジの使い方は科学的には曖昧のような気がするが、Dレンジが大きいということは小さい音から大きな音までの再生に優れているという意味として捉えてさしつかいないだろう。
《永松巌》

関連ニュース

特集

page top