カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Spacia Cutom(オーナー・北見由奈さん) by カスタマイズファクトリーNACKS 前編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Spacia Cutom(オーナー・北見由奈さん) by カスタマイズファクトリーNACKS 前編

カーオーディオ 特集記事

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Spacia Cutom(オーナー・北見由奈さん) by カスタマイズファクトリーNACKS 前編
  • カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! Spacia Cutom(オーナー・北見由奈さん) by カスタマイズファクトリーNACKS 前編
  • 限られたラゲッジスペースを立体的に使ったデザインが特徴。両脇のエンクロージャーの設置などもムダがないデザインだ。
  • ロックフォード・パンチプロのスピーカー群はグリルにメッキを施しラゲッジのパネルとの統一感を引き出している。
  • 角パイプフレームを2本設置してエンクロージャーを固定。裏側から両サイドのボックスをサポートしているのが分かる。
  • フロア面にはロックフォードのサブウーファーをインストール。グリルはしっかりとメッキ処理が施される。
  • アクリルを使ってパワーアンプをフローティングマウントする。後方の角パイプフレームに固定するためブレもなく剛性も高い。
  • パワーアンプから取り回されるRCAケーブル、パワーケーブルはこの角パイプフレームの中を通すことで美しく処理する。
  • 曲面を多用したラゲッジ各部は角度によって表情を変え、ピンク&レインボーフレークのカラーリングが一層映えるデザインとした。
内外装をピンクのイメージカラーで統一したスペーシアカスタム。埼玉県のカスタマイズファクトリーNACKSが制作したこのクルマ、実はママのお買い物&子供送迎車だと言うから驚き。内外装から足まわりまでをフルカスタムしたレベルの高いカスタムワザが光る。

◆両サイドのエンクロージャーは
角パイプフレームで補強が施される

外装に合わせてピンク+レインボーフレークでペイントされたラゲッジは、ユニット類のレイアウト&高度なインストールワザがちりばめられた見どころ満載のカスタムに仕上がっている。両サイドに外向きスピーカーとしてロックフォードのパンチプロをインストール。センター部にはアクリルを使ってロックフォードのパワーシリーズのアンプをフローティングマウントするカスタム処理が注目。

まずは両サイドにエンクロージャーを設けて設置されるパンチプロにチェック。スピーカーはストックの状態で取り付けるのではなくひと工夫加えたのが特徴。具体的にはグリルを磨いて純正塗装を除去、その上でメッキを施すという手の込んだワザを込める。左右のエンクロージャーは強固に固定するため、センター部に2本の角パイプを使用している。このフレームで左右のボックスをそれぞれサイドウォール側へと押しつける構造、ちょうどつっぱり棒のような仕組みで強固な固定を完成させている。

さらに中央部のフロアにはロックフォード・パワーシリーズのサブウーファーであるT1D410をインストール。このユニットもグリル部分の純正塗装を剥離(ラバー系の塗装なので剥離はかなりの難作業だとか……)した上でメッキ処理を施し、内装のイメージとピタリと合わせることに成功している。

◆アクリルにスチールマウントを加え
パワーアンプをフローティングさせる

次に注目したいのは中央部に浮かび上がる2台のパワーアンプだ。ロックフォードのT1000-4ab、T1500-bdCPをそれぞれフロント用、サブーファー用としてチョイス。見どころはなんと言ってもアクリルを使ったフローティングマウントだ。構造的にはパワーアンプの下部にアクリルとスチールフレームを設けてマウント、このベース部分をラゲッジ奥に設置した2本の角パイプフレームに固定するというスタイル。両サイドのエンクロージャーを補強するフレームがここでも役立っているのだ。

さらにアンプの裏側に回したRCAケーブルやパワーケーブルは背面側では一切露出していないのも特徴。その秘密はアンプラックを固定している角パイプフレームに穴が空けられて、ケーブル類はパイプの中を通って取り回されているのだ。こうしてスッキリとしたアンプまわりを完成させているのもデザイン上のポイントだ。

◆曲面のパネルに美しいピンク&
レインボーフレーク塗装が映える

ラゲッジのパネル面は左右のエンクロージャー、中央部のサブウーファー・バッフルなど、すべてにおいて滑らかな曲線を描くデザインを施すのもこだわり。ピンクにレインボーフレークを加えたきらびやかなペイントは、見る角度によってその表情を変える。これはパネル表面を美しい曲面を使ったデザインとしているからだ。

ユニットにもメッキ処理を施すなど、トータルイメージを大切にしてカラーコーディネートするスタイルもこのクルマならでは。次回はラゲッジに負けない高度なカスタムが施されたコクピットまわりを紹介していくこととしよう。
《土田康弘》

特集

page top