【トヨタ プリウス 新型】デザインで積極的に選ばれるクルマをめざした | Push on! Mycar-life

【トヨタ プリウス 新型】デザインで積極的に選ばれるクルマをめざした

自動車 ニュース

トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
4代目となった新型トヨタ『プリウス』は、デザインが好きだから買ったといってもらえることを目標にデザインされた。

「3代目プリウスで拡販が図れたことから、4代目プリウスを世に出すときに何をもってユーザーにアピールできるのかを最初に考えた」と話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部第3デザイン室長の児玉修作さん。

そこで、「クルマの土台となる環境性能、エコ性能といった技術の進化は絶対にないがしろにせずにデザインに取り込み、その上で、デザインで購入してもらえるような、エモーショナルなデザインをしたかった」と話す。そうすることで、「環境車といえども、デザインが好きだから買ったというユーザーを少しでも増やしたいと考えたのだ」と述べる。

新型プリウスのデザインコンセプトは、“アイコニックヒューマンテック”だ。児玉さんは、「技術の進化を前面に押し出した、例えば多機能パソコンや、多機能電化製品などが全盛だった時代から、多機能の技術を内に秘めて、ユーザーが使いたいときにその機能を、直感で操作できるものが世に出てきている」と今の時代を語る。そこで4代目プリウスでもこの基本思想である、「人の感覚、直感を起点としたデザインを作り出そうと、アイコニックヒューマンテックというコンセプトを作り出したのだ」と説明した。
《内田俊一》

特集

page top