外付けパワーアンプの追加でさらに良い音に!パワーアンプの必要性と役割を知る | Push on! Mycar-life

外付けパワーアンプの追加でさらに良い音に!パワーアンプの必要性と役割を知る

カーオーディオ 特集記事

カロッツェリアPRS-D700価格30,000円(税別)場所を選ぶことのないコンパクトなサイズ125W・50H・104Dというボディーからハイパワーを達成。250W×2ch。
  • カロッツェリアPRS-D700価格30,000円(税別)場所を選ぶことのないコンパクトなサイズ125W・50H・104Dというボディーからハイパワーを達成。250W×2ch。
アンプの目的は電気信号を増幅すること。アンプにはプリアンプとパワーアンプがあり、スピーカー動かすのがパワーアンプだ。

プリアンプは何かというと、音源(ソース)からの小さな信号をパワーアンプに引き渡す程度に増幅する役目がある。通常、ナビやヘッドユニットに必ず内蔵。かつパワーアンプも内蔵されているのが一般的だ。

それでは、外付けパワーアンプは不要では。と思っている人もいるだろう。たとえばナビを例にとってみたい。純正ナビでも市販のナビでも機能面での違いはあるものの、30W 程度の4チャンネル(フロントとリア)のパワーアンプを装備。これだけでも役目を十分に果たしているのだが、音質向上と、パワフルなサウンドを求めるとき、外付けのパワーアンプが必要になってくる。外付けのパワーアンプの特徴は内蔵パワーアンプと比べ、サイズの制約を受けないので自由な回路構成ができる。電源ひとつとっても余裕のある電力供給ができ、増幅部にはMOS FETなどを使ったディスクリート方式が一般的だ。底歪み、ワイドレンジ、高音質を実現する。
《永松巌》

関連ニュース

特集

page top