岡田准一主演『エヴェレスト』予告編解禁!主題歌は「イル・ディーヴォ」に | Push on! Mycar-life

岡田准一主演『エヴェレスト』予告編解禁!主題歌は「イル・ディーヴォ」に

エンタメ エンタメ

『エヴェレスト 神々の山嶺』 (C)2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』 (C)2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』 (C)2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会
  • 岡田准一と共にエヴェレストへと向かう阿部寛&尾野真千子
  • 『エヴェレスト 神々の山嶺』ティザービジュアル (C)2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会
  • 原作「神々の山嶺」/写真:佐藤秀明、デザイン:須田杏菜
岡田准一、阿部寛、尾野真千子といった日本アカデミー賞受賞の豪華キャストで、夢枕獏の大ベストセラー山岳小説を映画化する『エヴェレスト 神々の山嶺』。世界最高峰の地ネパール・エヴェレストで、邦画初となる標高約5,200mでの撮影に挑んだ本作から予告編映像が解禁。さらに主題歌を、世界的人気を誇るヴォーカルグループ「イル・ディーヴォ」が担当することが分かった。

標高8.848m、氷点下50度、最大風速は50m以上という呼吸すら困難な、まさに“極限の世界”エヴェレスト。その世界最高峰の山に魅せられた2人の男と、その男たちを待つ1人の女性の交錯する人生を軸に、厳しく圧倒的な山嶺に挑む人々の姿と強い想いを壮大なスケールで描く。

日本映画史上初、実際にエヴェレストでの撮影を敢行。キャスト、スタッフ共に10日間掛けて高度順応しながら登り、1か月以上にわたるネパール・ロケに命懸けで挑んだ。「この作品のために、これまでの人生があった」とキャストも語るほど、この圧倒的な自然との対峙から、ドキュメンタリーさながらの迫力あるリアルな演技が引き出されている。

この度、解禁となった予告編では世紀の大発見につながるかもしれない、山岳史上最大の謎を追う野心家のカメラマン深町(岡田准一)と、「少しでも可能性が残っているなら俺はあきらめない」と、史上初の挑戦に憑りつかれた孤高の天才クライマー、羽生(阿部寛)が、命を懸けて世界最高峰に挑む熱い姿を映し出していく。


そして、その2人を待ち続ける運命に翻弄された女性、涼子(尾野真千子)。彼女の悲痛な叫びは胸を打つ。より高みを目指す彼らの姿は、圧巻のスケールと感動の人間ドラマをいっそう引き立たせている。

また、主題歌を担当するのは、英国から世界的人気ヴォーカルグループとなった「イル・ディーヴォ」。楽曲は10月28日に日本先行発売され、ヒットを記録している最新アルバム「アモール&パシオン」から、ベートーヴェンの第九をモチーフにした「喜びのシンフォニー」。このドラマチックな楽曲が、映画の壮大なイメージとラストに待つ感動を後押ししてくれるはずだ。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は2016年3月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top