【タイ国際モーターエキスポ15】日本でも人気が出そう? プジョーの小型商用車 ビッパー | Push on! Mycar-life

【タイ国際モーターエキスポ15】日本でも人気が出そう? プジョーの小型商用車 ビッパー

自動車 ニュース

【タイ国際モーターエキスポ15】日本でも人気が出そう? プジョーの小型商用車 ビッパー
  • 【タイ国際モーターエキスポ15】日本でも人気が出そう? プジョーの小型商用車 ビッパー
  • 【タイ国際モーターエキスポ15】日本でも人気が出そう? プジョーの小型商用車 ビッパー
  • 【タイ国際モーターエキスポ15】日本でも人気が出そう? プジョーの小型商用車 ビッパー
  • 【タイ国際モーターエキスポ15】日本でも人気が出そう? プジョーの小型商用車 ビッパー
プジョーのコマーシャルビークルのなかでもっともベーシックなモデルとなる『ビッパー』が「タイ国際モーターエキスポ2015」に展示されていた。日本には正式輸入されていないモデルだが、なかなか興味深いたたずまいであったので、紹介しておこう。

ビッパーのボディサイズは全長3864mm×全幅1684mm×全高1447mmとかなりコンパクト。日本の小型車(5ナンバー)に収まる。展示車に搭載されていたエンジンは1.2リットルのディーゼルターボで最高出力75馬力、最大トルク190Nmを発生する。パッケージングはフロント2名+荷室というもので、じつにシンプルだ。

日本ではルノーの『カングー』が高い人気を誇っているが、このビッパーも輸入されてくればけっこう人気が出てきそう。もちろん、そのためには4~5名乗車が可能なようにリヤシートを取り付けることが重要だ。そしてそれに対応した『ビッパーティピー』というモデルがあるのだが、残念ながらボディサイズが大きくなり3ナンバーサイズとなってしまっている。

展示車のビッパーに付けられていたプライスタグは89万9000バーツ。約270万だが、関税や付加価値税などが非常に高いので、日本へ正規輸入となるとかなりリーズナブルにできそうな気もするのだが…。
《諸星陽一》

特集

page top