【予告編】エディ・レッドメイン、究極の愛の形を体現『リリーのすべて』 | Push on! Mycar-life

【予告編】エディ・レッドメイン、究極の愛の形を体現『リリーのすべて』

エンタメ エンタメ

エディ・レッドメイン&アリシア・ヴィキャンデル/『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディ・レッドメイン&アリシア・ヴィキャンデル/『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディ・レッドメイン&アリシア・ヴィキャンデル/『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディ・レッドメイン/『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディ・レッドメイン&アリシア・ヴィキャンデル/『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • 『リリーのすべて』ポスタービジュアル (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディ・レッドメイン-(C)Getty Images
  • アリシア・ヴィキャンデル/『リリーのすべて』L.A.プレミア
  • エディ・レッドメイン&アンバー・ハード&アリシア・ヴィキャンデル&トム・フーパー監督/『リリーのすべて』L.A.プレミア
『英国王のスピーチ』でアカデミー賞4部門を受賞したトム・フーパー監督が、『博士と彼女のセオリー』で英米のアカデミー賞を制覇したエディ・レッドメインと『レ・ミゼラブル』以来のタッグを組んだ『リリーのすべて』。いまや若手演技派のトップに君臨するエディが、世界初の性別適合手術を受けた女性を熱演する本作から、初の映像となる予告編と初の場面写真が解禁となった。

本作は、いまから80年以上も前、世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人リリー・エルベの実話に基づく勇気と愛の物語。命の危険を冒してでも、本当の自分らしく生きることを望んだ主人公リリーと、夫が夫でなくなっていく事態に戸惑いながらも一番の理解者であり続けた妻・ゲルダが織りなす、魂の触れ合いのドラマを描き出す。

今回到着したのは、アカデミー賞の前哨戦ともいわれる第20回サテライト賞で「監督賞」「主演男優賞」「助演女優賞」ほか7部門にノミネートされるなど、早くも賞レースで注目を集めている本作の、初めての映像となる予告編。映し出されているのは、心の示すままに生きることを決めたリリーの姿と、そのすべてを受け入れ、共に生きることを選んだゲルダの究極の愛の形だ。

風景画家のアイナーと彼の内側に潜んでいた女性・リリーの葛藤を熱演するエディ、すべてを受け入れる妻・ゲルダを演じた『コードネーム U.N.C.L.E.』のアリシア・ヴィキャンデル、さらに『007 スペクター』のベン・ウィショーら、ハリウッドを代表する若手演技派が見せる心揺さぶる演技と、フーパー監督の作り上げた美しい映像、そして音楽が見事に調和し、共鳴しあう2人の魂のラブ・ストーリーを作り上げているのが見て取れる。


『レ・ミゼラブル』を撮影中に監督から直接脚本を受け取ったというエディは、「これまでに読んだり、観たりしてきたどんなラブ・ストーリーとも違う。描かれているのは、“愛とは何か”ということ。それに、本当の自分になるための勇気についての物語でもある。“自分自身になる”というのは、すごく簡単なことのように聞こえるけれど、それはとても勇気がいることだ」とコメントを寄せている。

誰にも理解されなくても、互いの味方であり続けた2人が紡ぐ言葉のひとつひとつが胸を打つ映像を、まずこちらからご覧あれ。

『リリーのすべて』は2016年3月18日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top