【ロサンゼルスモーターショー15】マツダ CX-9 、新開発 SKYACYIV-G 搭載[詳細画像] | Push on! Mycar-life

【ロサンゼルスモーターショー15】マツダ CX-9 、新開発 SKYACYIV-G 搭載[詳細画像]

自動車 ニュース

マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
マツダは11月18日(日本時間11月19日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、新型『CX-9』を初公開した。

現行(初代)CX-9は2006年4月、ニューヨークモーターショー06で発表。『CX-7』(生産終了)よりもひと回り大きいSUVで、3列シートを装備するのが特徴。2012年10月から新世代デザインの「魂動」が導入されている。

ロサンゼルスモーターショー15で初公開された新型は、2世代目モデル。パワートレインには、新開発の「SKYACYIV-G 2.5T」を採用。先代の自然吸気の3.7リットルV型6気筒ガソリンからダウンサイズした2.5リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力250hp/5000rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmを発生する。

マツダの最新の魂動デザインを採用し、力強いルックスを追求した。ボディサイズは全長5065mmと、先代比で30mm短縮。ホイールベースは55mm延ばし、室内とくに後席のゆとりを拡大した。

先代比で車両重量を最大約130kg軽量化した効果もあり、優れたパフォーマンスと燃費性能を両立させている。
《ショーカーライブラリー》

特集

page top