同乗者が抱いていた幼児、衝突で投げ出され死亡 | Push on! Mycar-life

同乗者が抱いていた幼児、衝突で投げ出され死亡

自動車 ニュース

4日午後2時50分ごろ、鹿児島県さつま町内の国道267号を走行していた軽乗用車が対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側のガードレールや信号柱に衝突する事故が起きた。この事故で車外に投げ出された男児が死亡、他の5人が重軽傷を負っている。

鹿児島県警・さつま署によると、現場はさつま町船木付近で片側1車線の緩やかなカーブ。軽乗用車はカーブを曲がりきれずに対向車線側へ逸脱。道路右側のガードレールに衝突した後、交差点外の信号柱にも突っ込んだ。

この事故でクルマは中破。後部座席に同乗していた4歳の男児が車外に投げ出され、全身強打でまもなく死亡。運転していた湧水町内に在住する27歳の女性と、子供1人を含む同乗者4人が骨折や打撲などの重軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

事故を起こしたクルマの定員は大人4人だが、事故当時は大人4人と幼児2人が乗車。幼児は後部座席の同乗者がひざの上に抱きかえる状態で座っていたとみられる。死亡した男児は男性が抱いていたが、衝突の衝撃で投げ出されてしまったものとみられる。警察では関係者の回復を待って事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

特集

page top