【東京モーターショー15】「ポルシェで最も俊敏なSUV」マカン GTS | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】「ポルシェで最も俊敏なSUV」マカン GTS

自動車 ニュース

ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェ マカンGTS(東京モーターショー15)
  • ポルシェブース(東京モーターショー15)
ポルシェは東京モーターショー15において、『マカンGTS』をワールドプレミアした。このGTSという名称は、ポルシェの最初のレーシングカーに与えられたものだ。

そう話すのはポルシェAGディレクターのDr.エアハルト・メスレ氏だ。そして、「GTSの3文字を冠することを誇りに思っており、このマカンにはその価値がある。GTSは、このマカンがクラスにおける真のスポーツカーであることを疑いの余地なく証明しているからだ」とコメント。1964年に『904GTS』に採用されて以来、半世紀以上の歴史を誇るのがGTSの名称だ。そして、マカンGTSの発表によって、すべてのポルシェモデルに GTSバージョンが出揃ったことになる。

マカンSとマカンターボの中間の位置付けとなるマカンGTSは、3リットルツインターボV6エンジンを搭載し、360馬力を発揮。このパワーは、ツインクラッチギアボックスである PD Kを介して四輪すべてに伝達され、また、新型スポーツエグゾーストシステムは、「それにふさわしいサウンドを響かせている」とメスレ氏はいう。

パワー増強に伴い、ブレーキも見直された。そしてポルシェアクティブサスペンションマネジメントは、車高が15ミリ低く更にスポーティーなセッティングとなるが、「このセッティングでも快適な乗り心地は損なわれていない」と強調。そのうえで、「これまでのポルシェで最も俊敏なSUVとなっている」と語った。
《内田俊一》

特集

page top