【東京モーターショー15】発売目指し開発中…ホンダ、電動 スーパーカブ 初公開 | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】発売目指し開発中…ホンダ、電動 スーパーカブ 初公開

自動車 ニュース

ホンダ EV-Cub Concept(東京モーターショー15)
  • ホンダ EV-Cub Concept(東京モーターショー15)
  • ホンダ EV-Cub Concept(東京モーターショー15)
  • ホンダ EV-Cub Concept(東京モーターショー15)
  • ホンダ Super Cub Concept(東京モーターショー15)
  • ホンダ Super Cub Concept(東京モーターショー15)
  • ホンダ Super Cub Concept(東京モーターショー15)
  • ホンダ Super Cub(東京モーターショー15)
  • ホンダ EV-Cub Concept(東京モーターショー15)
ついに『スーパーカブ』も電動化だ。ホンダブースに登場したコンセプトモデル『EV-Cub Concept』は、初代スーパーカブから続く「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承した近距離移動用パーソナルコミューター。

「環境にやさしく」「世界中の人々に愛され、生活に役立つ」存在でありたいという想いとともに、初代スーパーカブの「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承している。

重量部品であるバッテリーを車体中央の低位置に配置し、優れた乗降性を確保するとともに、マスの集中化と低重心化を図り、取り回しやすさを追求。充電は、レッグシールド内側に配置されたプラグにより、家庭用コンセントで充電可能という気軽さ。

また、バッテリー自体も着脱可能とすることで、より幅広いシチュエーションにも配慮し。カラーリングは、クリーンなイメージと質感の高さを併せ持ったパールホワイトとした。

さらに、『Super Cub Concept』も参考出品。EV-CubConceptが近距離移動を想定したコミューターであるのに対し、コチラは1チャージあたりの航続距離がより長い低燃費エンジンを搭載。

初代スーパーカブの「やさしい曲面基調のスタイリング」をモチーフとしながら、よりシンプルに洗練させ、一目でスーパーカブと伝わるデザインとした。

車体はHonda独自の使い勝手の良さを追求したレイアウトを継承。カラーリングは、キャンディーブルーメタリックとライトブルーパールの組み合わせとすることで初代スーパーカブを想起させながら、より深みと高級感のある色調としている。

ホンダの八郷隆弘社長は「販売を前提に開発している」とプレスカンファレンスで述べた。
《青木タカオ》

特集

page top