【特別映像】“笑わない”ノルウェー女とパリ男が愛の“重さ”を語らう…『1001グラム ハカリしれない愛のこと』 | Push on! Mycar-life

【特別映像】“笑わない”ノルウェー女とパリ男が愛の“重さ”を語らう…『1001グラム ハカリしれない愛のこと』

エンタメ エンタメ

『1001グラム ハカリしれない愛のこと』 - BulBul Film, Pandora Film Produktion, Slot Machine (C) 2014
  • 『1001グラム ハカリしれない愛のこと』 - BulBul Film, Pandora Film Produktion, Slot Machine (C) 2014
何事も几帳面できっちり&きっかり、ありとあらゆる計測のエキスパートの女性を主人公にした『1001グラム ハカリしれない愛のこと』が、いよいよ10月31日(土)よりBunkamuraル・シネマほかにて公開となる。このほど、本作の本編映像が解禁、ノルウェー女とパリ男が人生の重さ、愛の重さについて語らうワンシーンが到着した。

ノルウェー国立計量研究所に勤めるマリエは、ありとあらゆる“計測”のエキスパートだが、結婚生活だけは規格通りにゆかず、現在、離婚手続き中。そんな折、病に倒れた研究所の重鎮である父に代わり、1kgを規定する自国の<キログラム原器>を携えてパリでの国際セミナーに出席することに。1kgの新しい定義をめぐって議論が交わされる中、ひとりの男性と出会うマリエ。彼女がパリで見つけた、いままでの幸せの基準を一新する、心のハカリとは…?

『キッチン・ストーリー』『ホルテンさんのはじめての冒険』で愛すべきオジサン主人公たちを生み出した名匠ベント・ハーメルが、初めて美しい女性を主人公に舞台を北欧からパリに広げて描く最新作。

今回解禁となったシーンは、ヒロインのマリエとパリで出会った男パイが庭を眺めながら優雅に語らうシーン。壊してしまったノルウェーのキログラム原器を密かに修理すべくパリへ向かったマリエ。そこで以前国際セミナーで出会った男パイと再会し、庭で語らう。父の死をきっかけに、「人生のすべての基準点が崩れていくみたい」と感じるマリエに対し、人生の重さとは、愛の重さとはいったいどれほどのものなのかとパイが問いかける本作のテーマに触れる重要なシーンであり、また今後のマリエとパイとの関係を期待させる大人のラブシーンともなっている。


まるで、ドラマ「デート」で杏が演じた超“リケジョ”ような、四角四面の“笑わないヒロイン”の壊れかけた心が、少しずつ修復されていき、やがてパリで見せる柔らかな表情には観客もほっこり。ハーメル監督独特のおかしみに彩られた世界観に、“幸せをはかる方法はひとつじゃない!”と勇気をもらえるに違いない。

『1001グラム ハカリしれない愛のこと』は10月31日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top