ルネサスエレクトロニクス、低消費電力の車載制御システム向け16ビットマイコンを開発 | Push on! Mycar-life

ルネサスエレクトロニクス、低消費電力の車載制御システム向け16ビットマイコンを開発

自動車 ニュース

車載制御システム向け低消費電力16ビットマイコン「RL78/F15」
  • 車載制御システム向け低消費電力16ビットマイコン「RL78/F15」
ルネサスエレクトロニクスは、BCM(ボディ・コントロール・モジュール)、車載エアコン、パワーシートなど、車載制御システム分野向けに低消費電力16ビットマイコン「RL78/F15」を開発、10月26日から順次、36品種のサンプル出荷を開始する。

新開発「RL78/F15」は、業界最小クラスの低消費電力で、高い処理性能をもつルネサスのマイコン「RL78ファミリ」の車載向け「RL78/F13」、「RL78/F14」と完全互換する高機能シリーズ。

今回新たに144ピンのパッケージをラインアップし、48ピン以上のパッケージで最大512キロバイトのフラッシュメモリを搭載。これによって従来製品「RL78/F13」、「RL78/F14」と合わせて、20ピンから144ピンまでの127品種のラインアップから、システムに適したマイコンを選択できるようにした。

「RL78/F15」は、「RL78/F13」、「RL78/F14」とソフトウェアの互換性を持ち、将来の機能拡張を見据えたマイコン選択が可能。仕様追加によるメモリ不足やピン数不足などにも容易に対応できる。

自動車の多機能化・高性能化に伴って、車体の電子化が進み、パワーウィンドウやエアバッグ、ランプ、ミラー、ドア、シートなど、車内のいたるところに電子制御ユニット(ECU)が搭載されている。このため、各電子制御ユニットのソフト開発負担が増大しており、開発効率改善のため、ソフトウェアを複数のECUで共有するやり方が進んでいる。

今回、「RL78/F15」の36品種を拡充することで、「RL78ファミリ」の車載制御向けラインアップは16ビットマイコンで業界最大級となる。複数のECUで「RL78ファミリ」を使用できるため、ユーザはソフトウェア資産が共有可能となり、開発の効率アップが図れる。

新製品は2016年7月から量産開始し、2017年7月には合計で月産100万個を計画する。サンプル価格は、48ピンパッケージ、内蔵フラッシュメモリ512キロバイト品で、1個当たり700円(税別)。
《レスポンス編集部》

特集

page top