【予告編】ライブシーンや楽屋オフショットを公開! 『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』 | Push on! Mycar-life

【予告編】ライブシーンや楽屋オフショットを公開! 『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』

エンタメ エンタメ

『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』 - (C) 2016“HESONOO”FILM PARTNERS
  • 『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』 - (C) 2016“HESONOO”FILM PARTNERS
  • 『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』 - (C) 2016“HESONOO”FILM PARTNERS
野田洋次郎、桑原彰、武田祐介、山口智史の4人からなるロックバンド「RADWIMPS」。彼らのドキュメンタリー映画『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』の予告編がこのほど解禁された。

デビューから10年という節目を迎えた「RADWIMPS」は、アジア・ヨーロッパツアーへと飛びたった。直前にドラム・山口智史の無期限休養が発表され、急遽サポートドラムを迎えた体制でソウル、パリ、ケルン、ベルリン、ロンドン、台北と5か国6公演のライブツアーを敢行。彼らのパワーは衰えることはなく、各国のファンを圧倒的なライブパフォーマンスで魅了し大盛況をおさめた。

そして、海外の熱狂がおさまらないうちに国内ツアーへと突き進んでいく。長年リスペクトしてきたハナレグミ、「いきものがかり」、「ONE OK ROCK」、「Mr.Children」など豪華アーティスト陣との胎盤(対バン)ツアー、そして集大成とも言える幕張のワンマンライブにて、新しく生まれ変わっていく彼らの姿を余すことなく描いていく。

『Hide and Seek』『女の子よ死体と踊れ』や、今年公開予定の『ドクムシ』を手がける新進気鋭の女性監督・朝倉加葉子が監督を務める本作。10周年を迎えた「RADWIMPS」がライブに臨む姿を中心に、その舞台裏やインタビュー映像を交え、ファンにはたまらないドキュメンタリー映画として仕上がっている。

今回解禁された予告編は、海外ツアーの迫力あるライブシーンをはじめ、ベルリンの壁を感慨深く歩く様子や、移動中のバスの中や楽屋での3人のオフショットの数々や、国内の対バンツアーでの貴重なセッション・シーンが映し出されている。メンバーの野田さんが「人生何年か分の気持ちをいま、毎日使っている」と語るように、激動の3か月を駆け抜けたメンバーの姿や、彼らの想いが感じられる予告編に仕上がっている。

独特の歌詞と音楽性でいまもなお多くのファンを魅了し続けるロックバンド「RADWIMPS」。まずはこちらの映像から、人を熱くさせる彼らの魅力を感じてみて。

『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』は3月11日(金)~24日(木)全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top