佐野史郎、娘役女優に「冬彦さんの印象が」と言われ困惑! 「生まれてないでしょ?」 | Push on! Mycar-life

佐野史郎、娘役女優に「冬彦さんの印象が」と言われ困惑! 「生まれてないでしょ?」

エンタメ エンタメ

佐野史郎&小室ゆら/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • 佐野史郎&小室ゆら/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • 佐々木希/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • 平岡祐太/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • 小室ゆら/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • 井坂俊哉/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • りりィ/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • 佐野史郎/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
  • 佐々木希&井坂俊哉&平岡祐太&佐野史郎&小室ゆら&堀内博志監督/『縁(えにし)The Bride of Izumo』舞台挨拶
佐々木希が1月16日(土)、主演映画『縁(えにし)The Bride of Izumo』の舞台挨拶に共演の井坂俊哉、平岡祐太、りりィ、佐野史郎、小室ゆら、堀内博志監督らとともに臨んだ。

縁結びで知られる出雲大社をはじめ、神話がいまなお息づく出雲(島根県)を舞台に、ヒロインの真紀をはじめ、人々の“縁”のつながりを描き出す。

撮影終了から長い時間を置いて、ようやく全国公開を迎え、佐々木さんは「やっとこの日が来たという感じで嬉しいです。これから、たくさんの方に見ていただけるように私も頑張りたいです」と笑顔を見せた。

本作は、全国公開を前に舞台である山陰地方での上映、また出雲大社内の結婚式を行う建物内での“奉納上映”も行われた。佐々木さんは「奉納上映というのを聞いたことがなくて、いち早く神様に映画をお届けできるということで感慨深かったですし、感謝の気持ちがあふれました」と振り返った。

撮影監督を『恋する惑星』などウォン・カーウァイ作品の撮影で知られる世界的なカメラマンのクリストファー・ドイルが担当しており、独特の感性で切り取られた美しい映像にも注目が集まるが、佐々木さんは「『恋する惑星』が大好きで、お会いするのが楽しみだった」という。実際に仕事をしての感想を問うと「ひと言でいうとハッピーな人(笑)。いらっしゃるだけで温かく明るくなる太陽のよう。まさかあそこまで明るい方だとは…期待を超えてました(笑)」と明かした。

佐野さんは、島根の出身ということで、地元で撮影される映画に出られる喜びを語りつつ「出雲弁ですが、地元の人間がマズいといけないので気を遣ってました(苦笑)」と語る。その佐野さんの娘を演じた小室さんは、佐野さんについて「“冬彦さん”の印象が強くて…」と語り、これには佐野さんも「まだ生まれてなかったでしょ!」と苦笑。小室さんは「最初、近づきにくいのかな? と思ってたら、ものすごくフランクな方で大好きになりました」と語り会場をわかせた。

最後にマイクを握った佐々木さんは「人と人の縁で映画が広がるとありがたいです」と語り、さらに「この映画に携わっている最中、ずっと彼氏のいなかった親友に彼氏がようやくできて」とこの映画がもたらす(?)縁をアピールしていた。

『縁 The Bride of Izumo』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top