“金ちゃん”がまるで二宮金次郎!? 「おぉ、友よ!」に桃太郎&浦島太郎が困惑 | Push on! Mycar-life

“金ちゃん”がまるで二宮金次郎!? 「おぉ、友よ!」に桃太郎&浦島太郎が困惑

エンタメ エンタメ

au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」
  • au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」
  • au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」
  • au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」
  • au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」
  • au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」
  • au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」
2016年早々から話題を振りまいているauのCM「三太郎シリーズ」。このほどスタートする新CMでは、「何かが違う」をテーマに桃太郎(松田翔太)、浦島太郎(桐谷健太)、金太郎(濱田岳)の三太郎がそろい踏みで登場。ところが、濱田さん演じる金太郎こと“金ちゃん”が、いつもと違う様子になっていることが分かった。

すっかりおなじみとなった三太郎の、コミカルな掛け合いが見どころとなる新CM。今回は、金太郎が薪を背負い、歩きながら本を読むという、まるで二宮金次郎のような勤勉&真面目そうなキャラクターにイメチェン。困惑する桃太郎と浦太郎を尻目に、“何かが違う”様子を醸し出している。

ある日、桃太郎と浦太郎が歩いていると、前方から金ちゃんらしき姿が。しかし、薪を背負い、読書をしながら歩いており、「あれって金ちゃん?」と普段と違う様子に戸惑い気味の2人。本に夢中で2人の横を素通りしようとする金太郎に、「金ちゃん!!」と大声で呼びかける浦島太郎。やっと2人に気付いた金太郎は「おぉ、友よ!」と挨拶。これを聞いた2人は「なんかいつもと違くない?」。それを聞いた金太郎は、真面目なトーンで「いつもの金太郎ですが、何か?」と返答。何だか「金次郎っぽくない?」とひらめいた桃太郎の言葉を聞いた浦島太郎は「確かに! この辺とか!」と背中に薪を背負ったところを茶化し、桃太郎も「何、この本?」と金太郎をいじることに。

金太郎は本を見ようとしたその手をサッと払いのけ、「私、学校に通っておりまして」とひと言。「学校?」「なんで急に」と2人が口々に疑問をぶつけると、「時は金なり」と胸に掲げている“金”という文字を見せつけ、「あ、もうこんな時間」とリストバンドを見ながら、さっそうと立ち去っていく。「日直だった!」と学生らしい独り言を残しながら、寺子屋へと消えて行く金太郎。そんな寺子屋の様子を覗いた2人は、「女子いっぱいいる!」「共学なんだ…」と意外な学園生活にも“何かが違う”ことを察知。果たして、金太郎の学園生活とはいったい…!?

撮影は、松田さん演じる桃太郎、桐谷さん演じる浦島太郎がいつもと違う雰囲気の金太郎に出会い、何だか“二宮金次郎”っぽくて困惑してしまうシーンからスタート。濱田さんはいつもとは明らかに違う“真面目”キャラの“金次郎”を見事に演じており、そんないつもとは違う濱田さんのひと言ひと言に、スタッフも笑い声をこらえるのに必死。そんな中、3人とも相変わらずアドリブ全開で、予定の撮影シーンを撮り終えても、監督のストップがかかるまで3人の会話はなかなか止まらなかったという。

ちなみに、黄金の金太郎像は、美術スタッフが一から作り上げた自信作で、本人にそっくり! その姿もぜひチェックしてみて。

au 三太郎シリーズ新CM「何かが違う金ちゃん」は1月14日(木)より全国にて放映開始。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top