【特別映像】クリステン・スチュワート、覚醒する“彼氏”を絶賛!『エージェント・ウルトラ』 | Push on! Mycar-life

【特別映像】クリステン・スチュワート、覚醒する“彼氏”を絶賛!『エージェント・ウルトラ』

エンタメ エンタメ

クリステン・スチュワート/『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • クリステン・スチュワート/『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • 『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • クリステン・スチュワート/『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • クリステン・スチュワート/『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • ジェシー・アイゼンバーグ&クリステン・スチュワート/『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • 『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • クリステン・スチュワート/『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
  • クリステン・スチュワート/『エージェント・ウルトラ』 Photo Credit: Alan Markfield/(C) 2015 American Ultra, LLC.  All Rights Reserved. 
ある日突然、CIAエージェントとして突然“覚醒”した、冴えないダメ男の超絶アクションとキュートなプロポーズ計画を描く映画『エージェント・ウルトラ』。このほど、本作でヒロインを演じたクリステン・スチュワートのインタビュー映像がシネマカフェに到着! 実はCIAエージェントだったという彼氏を演じたジェシー・アイゼンバーグを絶賛し、その相性のよさを語っていることが分かった。

本作は、CIAが実際に行っていたされる極秘マインドコントロール・プログラム「MKウルトラ計画」を題材に、ダメ男のプロポーズ計画を織り交ぜた、最高にキュートなラブ&アクション・ムービー。

主人公マイクの最愛の恋人フィービーを演じるクリステンは、『トワイライト』シリーズのベラ役で一躍スターダムにのし上がり、ファンタジー・アクション大作『スノーホワイト』や感動ドラマ『アリスのままで』など幅広い作品で活躍。そして、『アクトレス ~女たちの舞台~』では、フランスの批評家たちからも高い評価を得てアメリカ女優として初のセザール賞「助演女優賞」を受賞、さらについ先日も全米映画批評家協会で「助演女優賞」を獲得し、いまノリにノッてる若手女優といえる。

そして本作は、スパイアクションものでありながら、まさかのプロポーズ計画も交えた、女子もキュンとして楽しめるラブコメディの要素も満載。今回のインタビュー映像では、そのストーリーやニマ・ヌリザデ監督について語っているほか、『アドベンチャーランドへようこそ』(’09)以来の共演となったジェシーについて、「彼との共演はとても安心していられる」と明かしている。

「彼は陽気だし、恐ろしいほど知性があるしね。それにこの脚本はとってもオリジナル。麻薬好きの友だちがCIAの暗殺のエキスパートになって、大混乱を招くって想像してみて。超過激で大胆不敵なアクション映画だけど、感情がしっかり描かれたラブストーリーでもあるし、全くのどたばた喜劇でもある。それをジェシーと追求したかった」と語るクリステン。


そんな2人の様子を見ていた監督は、「数年ぶりの再会だったようだが、即座に打ち解けていた。撮影が始まると、親密な関係を撮る場面でも全く気兼ねなくやれていた。それはコメディには大切なことだ」と言う。また、製作を務めたデヴィッド・アルパートは「スクリーンの彼女は魅力的でカリスマ性があり、役や人間関係に驚くほど深みを出す。ただの支えるガールフレンドの役ではない」とクリステンを評価、脚本を務めた『クロニクル』マックス・ランディスも「アイゼンバーグと同様に、スチュワートにとってもこれまでとは異色の役になった」と話している。

クリステン自身も、「私がフィービーの好きなところは、彼女がとてもフェミニンでマイクを心から愛していて、彼のためなら妥協も何かを諦めることも厭わないところ。それは決して弱さではなく、平等に支えあう2人のバランスの取れた関係を体現していてカッコいいと思う。2人は何度も何度も互いを助け合う。それがバランスのとれたまっとうなカップルを良く表していると思うのよ」と、本作のカップルをとても気に入っている様子だ。

今後、ウディ・アレン監督の次回作でも再共演が決まっているという現代のハリウッドを代表する2人の、化学反応も楽しみといえそうだ。

『エージェント・ウルトラ』は1月23日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top