高校生対象、JAXA「種子島スペーススクール2016」参加者募集 | Push on! Mycar-life

高校生対象、JAXA「種子島スペーススクール2016」参加者募集

教育 教育

種子島宇宙センター
  • 種子島宇宙センター
  • JAXA宇宙教育センター
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、高校生を対象にした体験型プログラム「種子島スペーススクール2016」の参加者を募集。チームで協力してミッションに取組み、高校生ならではの発想力で将来の宇宙開発について考える。スクールは3月27日から4泊5日で実施。

 「種子島スペーススクール」は、宇宙や地球環境に対する青少年の意識を高め、「好奇心・冒険心・匠の心」を基本に、より良い未来を築く人材育成を目的としている。会場は種子島宇宙センターで、4泊5日の全日程に参加できる高校1年生~3年生、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校(1~3年生)が対象。

 スケジュールの内容は、1日目は種子島宇宙センターやロケットについての講義やグループディスカッション。2日目は施設の見学、モデルロケットの製作、星空観測会。3日目はモデルロケットの打ち上げ、RCC(総合指令棟)シミュレーション、職員交流会。4日目はミッション報告会、宇宙科学技術館の見学などで、5日目は解散のみになる。

 希望者は、応募URLから必要事項を記入して申し込む。定員は24人。氏名、年齢、住所のほか、自由研究の実績、応募動機、自分の考える「2040年の宇宙開発を一言で表す」などを明記する欄がある。応募締切は1月31日。参加可否の連絡は、2月22日の予定。

 参加費は、活動中の交通費や宿泊費、食費、教材費などで35,000円程度。自宅からの集合・解散場所までの交通費は自己負担となる。

◆種子島スペーススクール2016
日時:3月27日(日)~31日(木)4泊5日
会場:種子島宇宙センター(鹿児島県熊毛郡南種子町)
対象:高校1年生~3年生、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校1~3年生
定員:24人
申込方法:Webサイトの応募URLから必要事項を明記して申し込む
応募締切:1月31日24:00
《田中志実》

特集

page top