フル・オーケストラ生演奏を堪能!「タイタニック in コンサート」来日公演が決定 | Push on! Mycar-life

フル・オーケストラ生演奏を堪能!「タイタニック in コンサート」来日公演が決定

エンタメ エンタメ

「タイタニック in コンサート」 - (C) PaulSanders
  • 「タイタニック in コンサート」 - (C) PaulSanders
  • 「タイタニック in コンサート」 - (C) PaulSanders
  • 『タイタニック』
  • 『タイタニック』
  • 『タイタニック』
1997年に公開された不朽の名作『タイタニック』のセリフや効果音をそのままに、劇伴音楽のみをフル・オーケストラが生演奏し上演するイベント「タイタニック in コンサート」が、2016年4月に東京・大阪で開催されることがこのほど決定した。

ジェームズ・キャメロン監督が、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットを主演に迎えた本作。全世界で21億8,677万ドルを越える大ヒットを記録し、アカデミー賞最優秀作品賞を始めとする11部門を受賞している。

映画史に刻まれた珠玉の名画を大スクリーンで上映し、フル・オーケストラの演奏と共に楽しむ「シネマ・コンサート」は、ヨーロッパやアメリカで流行し始めた新しいエンターテイメントとして、日本でも2015年10月に『ゴッドファーザー』、11月には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『2001年宇宙の旅』など、傑作映画のコンサートが続々と開催されてきた。このほど決定した「タイタニック in コンサート」は、2015年4月27日(現地時間)にロンドンのロイヤル・アルバートホールにて、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と共にプレミア上演され、欧米各地を熱狂と興奮の渦に包み込んだ公演の来日が遂に実現したかたちとなる。

今回の日本公演では、名門東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)と関西フィルハーモニー管弦楽団(大阪公演)がオーケストラを担い、指揮はニール・トムソンが担当。さらに、映画の中でも印象的なケルティック音楽は、映画のサントラにも参加したアイルランドの伝統楽器奏者のエリック・リグラーやアイリッシュバンドが演奏を披露するほか、セリーヌ・ディオンが歌い全世界で大ヒットした主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、ほかの海外公演と同じ女性シンガーが参加し、その美しい歌声を披露する。

ちなみに、東京公演が行われる4月10日(日)は、104年前にタイタニック号が英・サウサンプトン港をニューヨークに向けて出航したメモリアルデー。『タイタニック』ファンはもちろんのこと、映画・音楽ファンともに注目したいイベントだ。

「タイタニック in コンサート」は大阪にて4月5日(火)、6日(水)、東京にて10日(日)開催。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top