【予告編】NYマンハッタンの同性婚カップル、老後問題に直面!?『人生は小説よりも奇なり』 | Push on! Mycar-life

【予告編】NYマンハッタンの同性婚カップル、老後問題に直面!?『人生は小説よりも奇なり』

エンタメ エンタメ

『人生は小説よりも奇なり』-(C) Love is Strange, LLD
  • 『人生は小説よりも奇なり』-(C) Love is Strange, LLD
  • マリサ・トメイ-(C)Getty Images
2011年に同性婚が合法となったニューヨークを舞台に、39年間連れ添い、念願の結婚式を挙げた老カップルが、年金や医療保険、不動産など、超現実的な問題に直面する姿を優しく丹念に描いた『人生は小説よりも奇なり』。ジョン・リスゴー&アルフレッド・モリーナという2人の名優で紡ぐ、この悲喜劇から予告編映像が到着した。

ニューヨーク、マンハッタンに暮らす画家のベンと音楽教師のジョージは、ようやく念願かなって結婚。周囲の祝福を受けて、2人の新たな生活は順調に始まるはずだったが…。同性同士の入籍が理由でジョージは仕事をクビになり、これまで絶妙なバランスで保たれていた生活はいとも簡単に崩れてしまう。

保険、年金、不動産…現実問題が次々と押し寄せ、2人は長年暮らしたアパートメントを離れ、新婚早々に別居を余儀なくされることに。社会からの根強い差別と肩身の狭い居候生活に心が押しつぶされそうになりながら、ベンとジョージはありのままの自分を理解してくれる人がいることの幸福に改めて気づく。そんな矢先、予期せぬ出来事が訪れ…。

画家のベン役を『愛と追憶の日々』や近年では『猿の惑星:創世記』『インターステラー』などに出演するジョン・リスゴー、そのパートナーの音楽家ジョージ役を『スパイダーマン2』の悪役や『ダヴィンチ・コード』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』などで知られるアルフレッド・モリーナという2人のベテランが妙演を見せる本作。さらに、ベンの親戚の女流小説家には、『いとこのビニー』でアカデミー賞「助演女優賞」に輝いた、『Re:LIFE~リライフ~』『クーパー家の晩餐会』などのマリサ・トメイと、実力派たちによる競演が見どころとなる。

今回解禁となる日本版の予告編は、ベンとジョージが、親戚や友人など多くの人たちに祝福された結婚式のシーンから幕を開ける。ところが、ジョージは職場を解雇され、新婚早々、2人は別居をするはめに。結婚式では笑顔で祝ってくれた親戚も、転がり込んできたベンといざ同居となると、次第にうっとうしさを感じ、ついにはストレスが爆発! 一方、ジョージも毎晩パーティ漬けの友人宅での生活にうんざり。自分の居場所がないかのような寂しさでいっぱいになりながらも、寄り添う2人の様子が描かれていく。


また、本作のもう一つの主役ともいえる、マンハッタンのクラシックなアパートメントや、ブルックリンの屋上から見る景色など、随所に登場するニューヨークの街並も登場。そして、ショパンの調べが名優たちが奏でる人間讃歌にいっそうの温かさをもたらしている。

2人の優しい愛が、少しずつ周囲の人たちを変えていく過程を丁寧に紡いだのは、『あぁ、結婚生活』のアイラ・サックス監督。全米映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では94%(Flesh)という高評価を獲得している、悲喜こもごもの大人の物語を、まずはこちらからご覧あれ。

『人生は小説よりも奇なり』は2016年3月よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top