エイミー・ワインハウスの真実に迫る…『AMY』 2016年夏公開へ | Push on! Mycar-life

エイミー・ワインハウスの真実に迫る…『AMY』 2016年夏公開へ

エンタメ エンタメ

エイミー・ワインハウス/ 『AMY』(原題)- (C) 2015 Universal Music Operations Limited.
  • エイミー・ワインハウス/ 『AMY』(原題)- (C) 2015 Universal Music Operations Limited.
  • エイミー・ワインハウス-  (C) Getty Images
  • エイミー・ワインハウス-  (C) Getty Images
2011年、27歳にして夭逝したエイミー・ワインハウスを捉えたドキュメンタリー『AMY』(原題)の日本公開が、2016年夏にこのほど決定した。

2016年7月23日で没後5年を迎える稀代の歌姫、エイミー・ワインハウス。セカンドアルバムのセールスは全世界1,200万枚以上を記録し、グラミー賞5部門受賞するなど、その圧倒的な歌唱力と歌声で、多くのミュージシャンにも愛されつつも、27歳の若さで急逝した。

彼女を捉えたドキュメンタリーとしてイギリスで制作された本作は、一般公開に先駆け2010年にドキュメンタリー『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』で絶賛を受けたアシフ・カパディアが監督を務める本作は、第68回カンヌ国際映画祭にて上映され、多くのメディアで絶賛を浴び、公開前から大きな話題を呼んだ。本国イギリスでは2015年7月に公開され、自国のドキュメンタリー映画として、過去最高の約10億円の興行収入を記録。国外の作品を含めても、『華氏911』に次ぐイギリス史上2位を記録し、ドキュメンタリー映画としては異例となる全世界興行収入約28億円を記録している。

「彼女は正真正銘のアーティストだった。彼女がいてくれたから、自分は決して一人ぼっちじゃなかった。 人にはない、ものすごく正直なところがあって、そこがとても好きだった。 ジャズに生き、ブルーズに生きた、そんな人だった」(レディー・ガガ)、「わたしはエイミーが大好きで、常にそうだし、これからもそうよ」(アデル)、「つい涙がでたよ。メディアが彼女をどう扱ったのか、僕にはわかるんだ」(ジャスティン・ビーバー)と、多くのミュージシャンからの絶賛を集める本作。生前、彼女にまつわる多くのスキャンダルの裏に隠された真実の姿が、未公開フィルムやプライベート映像と共に蘇る。

『AMY』(原題)は2016年夏、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top