中川翔子、初舞台でヒロイン役!「決まった瞬間から緊張している」 | Push on! Mycar-life

中川翔子、初舞台でヒロイン役!「決まった瞬間から緊張している」

エンタメ エンタメ

ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
  • ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
  • ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
  • ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
  • ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
  • ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
  • ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
  • ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」
2014年に日本初演を果たし、好評を得た韓国発の濃密な心理スリラーミュージカル「ブラック メリーポピンズ」の再演がこの度決定! さらに、前回からの続投キャストに加えて、新キャストとしてヒロイン役に中川翔子が出演することが明らかになった。

2012年、韓国ソウルの大学路で誕生し、心理スリラーという新たなジャンルを打ち立てた、ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」。物語の舞台は1920年代のヨーロッパ。著名な心理学者・シュワルツ博士の豪邸で火事が起こり、博士は死亡。助け出された4人の子どもたちと、業火の中子どもたちを命がけで助け出した養育係メリー。彼らの封印された過去が解き明かされ衝撃の真実が明るみになる様を、息もつかせぬストーリ展開と、不安や心の揺らぎを表現するメロディーで描き出し、韓国では“ブラックメリーポピンズシンドローム”を巻き起こした。

そして2014年、日本人スタッフ、キャストにより、日本の観客に合わせる形でブラッシュアップされ日本初演。チケットは完売し「2014年ミュージカル・ベスト10」第9位を獲得するなど各所で高く評価れされ、再演を望む声が上がっていた。この度、その声に応え早くも再演が決定。さらに、再演に際してヒロインのアンナ役には新キャストを配役。抜擢されたのは、毎年コンスタントにライブツアーを開催し、日本武道館公演や、また今年は人生初となるディナーショーを開催するなど、歌手として揺るぎない実績を積んで来た中川さん。

本作が初舞台だという中川さんは「出演が決まったとき、自分でもビックリしました! 自分が舞台に出るなんて想像もしていなかったので、舞台初挑戦ということで、決まった瞬間から緊張しています(笑)でも作品を見て『面白い!』と思ったと同時に、アンナという女性に共感できる部分もあって、いまは緊張しつつも自分でもどんな舞台になるのか楽しみにしています!」と役について語り、「ミュージカルの世界は、歌もお芝居も毎回が生の戦いで、あらゆるスキルが必要となり心の強さも大切な世界。様々な先輩方を目指し学び、経験値を重ねて初めての世界に飛び込みたいと思います」と力強く抱負を語った。

中川さんの起用についてプロデューサーは「天性の歌唱力、表現力、類まれな感受性を持ち合わせた中川さんに、繊細で影を持つアンナという女性を、是非とも演じて頂きたいとお願いしました。中川さんの初舞台は演劇界全体で歓迎していると思います」と大きな期待を寄せた。

共演にはハンス役に『牙狼-GARO-』シリーズの小西遼生、ヨナス役に「黒執事」や「ウィズ~オズの魔法使い~」など数々の舞台に出演する良知真次、ヘルマン役に舞台「レ・ミゼラブル」や映画、ドラマにも出演する上山竜治、そして物語の鍵を握る養育係メリー役に舞台を中心にドラマでも活躍する元宝塚歌劇団トップスターの一路真輝、が続投する。出演者5名という小人数で繰り広げられる、濃密な心理群像劇が、新たなキャストを迎えてどのように化学反応を起こすのか注目を集めそうだ。

ミュージカル「ブラック メリーポピンズ」は2016年5月より東京・世田谷パブリックシアターほか兵庫、福岡、名古屋にて公演。
《cinemacafe.net》

特集

page top