【予告編】アントニオ・バンデラス、人類の未来に警鐘を鳴らす…『オートマタ』 | Push on! Mycar-life

【予告編】アントニオ・バンデラス、人類の未来に警鐘を鳴らす…『オートマタ』

エンタメ エンタメ

『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
  • 『オートマタ』(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.
アントニオ・バンデラスが本格SF映画に初挑戦することで話題の『オートマタ』。この度、本作の予告編が解禁され、同時にティザービジュアルと場面写真も一挙解禁された。

2044年、太陽風の増加により砂漠化が進んだ地球。人類存亡の危機の中、「1.生命体に危害を加えてはいけない」「2.ロボット自身で、修理・修繕をしてはいけない」というルールが組み込まれた人工知能搭載ロボット“オートマタ”は人間に代わる労働力として必要不可欠となっていた。しかし、オートマタを管理するジャックは、絶対に変更不可能とされていたルールが破られたことを知る。その真実に辿り着いたとき、人類の繁栄は終焉を迎え、人工知能の時代が始まる――。

本作で人工知能搭載ロボット“オートマタ”を製造・管理するハイテク企業に務める調査員ジャック・ヴォーカンを演じるのは『マスク・オブ・ゾロ』、『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』など超大作に出演するハリウッドスターのアントニオ・バンデラス。さらに「アメリカン・ホラー・ストーリー」のディラン・マクダーモット、バンデラスの元妻で、『ワーキングガール』にてゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞したメラニー・グリフィスら実力派が脇を固めている。

監督には、長編デビュー作『シャッター・ラビリンス』がカンヌ国際映画祭新人監督賞ノミネートのスペイン人監督ガベ・イバニェスが務めている。さらに「荒廃した地球」「人工知能との共存」「ロボットの自己進化」という本作で描かれるテーマは、三大SF作家のひとりで、SF界の巨匠アイザック・アシモフから着想を得て、人工知能家電の進歩や環境問題が取り沙汰される現在に生きる我々に、決して絵空事ではない地続きの驚きと恐怖をもたらす。

解禁された予告編は、太陽風の増加により、砂漠化が進み、荒廃した近未来、巨大ホログラムが投影される雑然とした大都市の映像から始まる。制御機能のテロップと共に、バンデラスの衝撃の丸刈り姿が映し出さ、「人類の希望となる一つの人工知能」とのナレーションとともに工事現場や家族団らんの場など人間の生活に深く入り込み、無くてはならない存在となっている人工知能搭載ロボット“オートマタ”が紹介される。広大な砂漠をオートマタとともに彷徨い始める姿や、「お前はただの機械だ」「人類の理解を超越した」など人工知能が制御不可能な進化を開始していることを匂わせるセリフが散りばめられ、さらにバンデラスが大絶叫とともに車を走らせ、爆発炎上。「人類の終焉、人工知能の時代が始まる。」というテロップの後に、集った3体のオートマタが「これより計画を実行する」と不穏な言葉を放ち、謎が謎を呼ぶ展開となっている。


また、同時に解禁されたティザービジュアルは、広大な砂漠にバンデラスが目をつむり、神妙な面持ちでしゃがみ込み、「人間がコントロールしていたはずの人工知能に、地球が奪われる」と人類の未来に警鐘を鳴らすコピーが踊る。その背景には「人類の終焉、人工知能の時代が始まる」というキャッチコピーとともに人工知能搭載ロボットの姿も描かれている。さらに、場面写真では、銃を構え身をひそめる姿や、様々なロボットの姿も映し出されている。アントニオのその表情の理由とは一体なんなのか、映画がますます気になるビジュアルに仕上がっている。

『オートマタ』は2016年3月5日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top