土屋太鳳&山崎賢人、過去の互いからの手紙に感激! | Push on! Mycar-life

土屋太鳳&山崎賢人、過去の互いからの手紙に感激!

エンタメ エンタメ

『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
  • 『orange -オレンジ-』公開初日舞台挨拶
朝ドラ「まれ」の土屋太鳳と山崎賢人が再びタッグを組んで高校生を演じる青春映画『orange -オレンジ-』が12月12日(土)に公開を迎えた。2人に加え、共演の竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみ、橋本光二郎監督も来場し、都内で舞台挨拶が開催された。

400万部突破の高野苺の人気漫画を実写化した本作。ある日、女子高生の菜穂の元に10年後の自分から手紙が届く。そこには転校生で菜穂が恋に落ちる翔に関するある“後悔”が記されており、それを消すために菜穂は未来を変えようとするのだが…。

この手紙のエピソードにちなんで、土屋さんと山崎さんは、クランクインに先立つ7月上旬に、160日後の“未来”である公開初日のこの日、12月12日のお互いに宛てて手紙を書いており、その内容が壇上で読み上げられた。

山崎さんが未来の土屋さんに宛てて書いた手紙では、「まれ」で長く時間を共にした土屋さんに対し「尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです」とあり、最後は「焼肉行きましょう!」とも。これに対して土屋さんは「ただただ嬉しいです。この言葉を大事に生きていきます! ありがとう」と感激。

一方、土屋さんが160日後の山崎さんに書いた手紙は「5か月と1週間前からこの手紙を書いています」という映画の中の菜穂の手紙と同じフレーズで始まり、朝ドラの撮影時に落ち込んでいた土屋さんに山崎さんがさりげなく食堂で小鉢を「食べなよ」と差し出してくれたことへの感謝などが綴られていた。そして「いままで本当に本当に本当にありがとう! おつかれさまでした」と「まれ」そして本作と青春時代の数年の濃密な時間を過ごした“戦友”への感謝とねぎらいの言葉で締められていた。

土屋さんは改めて本作について「主役で名前を出させていただいてますが、(登壇した)6人が主役。みんなに支えてもらいました。ありがとう!」と語り「今日は幸せな日。一生忘れません!」と誓っていた。

『orange -オレンジ-』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top