木村文乃、ミニスカ警官&ロリータにコスプレ!?「サイレーン」最終章突入 | Push on! Mycar-life

木村文乃、ミニスカ警官&ロリータにコスプレ!?「サイレーン」最終章突入

エンタメ エンタメ

「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」
  • 「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」
  • 「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」
  • 「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」
  • 「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」
  • 「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」
先週の放送で、急展開を見せた松坂桃李主演の「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」。いよいよ最終章に突入する本作だが、今夜12月1日放送の7話で、猪熊を演じている木村文乃が、ミニスカート警官やロリータファッションに身を包むことが分かった。

先週放送の第6話では、悪女・カラ(菜々緒)の罠にまんまとはめられた里見(松坂さん)と猪熊の間に、決定的な溝ができてしまう。そんなとき、カラを襲ったと疑われた里見は自宅謹慎になってしまう。一方の猪熊は里見と別れ、捜査一課へ異動することを決意。そしてカラとの約束通り、誰にも言わずカラが待ち受ける渡の別荘へと向かう。そして中に入り、人の気配を感じた猪熊がふり返った瞬間、カラの一撃を背後から喰らい倒れてしまう…。といったところで物語は終わっていた。

そんな急展開が起きた6話だったが、今夜放送の7話は、カラに殴られ意識を失った猪熊が目を覚ますと、そこは地下室。姿が見えないカラの安否を気にするが、現れたカラは笑みを浮かべ、「恨みは一切ないです。でも殺します」とその本性を現す。さらに、これまで犯した殺人の数々について平然と語り出すカラ。猪熊は、唯一、里見だけがカラの正体に気付き、自分を守ろうとしていたことを知り、涙する。やがて、痛めつけられ、ボロボロになった体を引きずる猪熊に、カラは自分の過去を語り始める。

その頃、カラの故郷へ向かった里見は、カラがいつも特定の友だちと2人で遊んでいたことを突き止める。するとそこへ、レナと連絡がつかないとアイから電話が。さらに、猪熊も所在が分からないという。カラが絡んでいると確信した里見は、カラが働くキャバクラへと乗り込む――。

原作にも描かれているもっとも衝撃的なこのシーンは、丸2日間もかけてじっくりと撮影された。また、木村さんが着たミニスカート警官の衣装は、一から作成されたもの。撮影前、黒の帽子か青の帽子かで迷う木村さんだったが、最終的には菜々緒さんの「こっちの方がいい」というアドバイスのもと、青い帽子で撮影に挑むことになったという。

地下室に監禁され、目が覚めるたびにミニスカート警官やロリータファッションの恰好にさせられてしまう猪熊。まさに体を張って、カラの正体を暴こうとする木村さんの迫真の演技、そしてカラがこのような殺人を繰り返す理由や猪熊に執着している理由も次第に明らかになる7話。猪熊の失踪を知った里見が、どうやって猪熊を助け出すのか? 絶体絶命のピンチを見逃さないで。

「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」は毎週火曜日22時~フジテレビ系にて放送。
《cinemacafe.net》

特集

page top