【JNCAP2015】前期分評価、衝突安全性能トップは ステップワゴン | Push on! Mycar-life

【JNCAP2015】前期分評価、衝突安全性能トップは ステップワゴン

自動車 ニュース

ホンダ ステップワゴン
  • ホンダ ステップワゴン
  • ホンダ ジェイド
国土交通省は11月27日、2015年度前期に試験を実施した車種の安全性能評価の結果を公表した。

自動車アセスメントでは、乗員保護と歩行者保護を含めた衝突安全性能試験を軽自動車4車種、乗用車2車種の計6車種で実施。最高得点はホンダ『ステップワゴン』で182.1点、2位は同じくホンダ『ジェイド』で178.2点。両モデルとも最高の5つ星を獲得した。

予防安全性能アセスメントでは、今年度より新たに後方視界情報提供装置の評価を導入し、軽自動車4車種、乗用車13車種の計17車種の評価を実施。後方視界情報は17車種ともに満点の評価。被害軽減ブレーキとはみ出し警報を合わせた総合得点では、スバル『レヴォーグ/WRX』『レガシィ』、トヨタ『カローラアクシオ/カローラ フィールダー』『シエンタ』『ランドクルーザー』、レクサス『LX』が最高得点を獲得した。

また、2015年度後期の自動車アセスメントと予防安全性能評価の対象車種をあわせて公表した。自動車アセスメントは、トヨタ『ヴェルファイア/アルファード』『シエンタ』、マツダ『CX-3』、ホンダ『シャトル』、スズキ『ソリオ』の5車種。予防安全性能アセスメント はVW『ゴルフ』、メルセデスベンツ『Cクラス』、BMW『3シリーズ』の3車種。2016年5月頃に2015年度すべての対象車種の評価結果を公表する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top