玉森裕太、「キスマイ」メンバーからのサプライズ祝福に感激!「ウルッとするかと…」 | Push on! Mycar-life

玉森裕太、「キスマイ」メンバーからのサプライズ祝福に感激!「ウルッとするかと…」

エンタメ エンタメ

三宅喜重監督、大杉漣、西内まりや/『レインツリーの国』公開初日舞台挨拶
  • 三宅喜重監督、大杉漣、西内まりや/『レインツリーの国』公開初日舞台挨拶
  • 西内まりや/『レインツリーの国』公開初日舞台挨拶
  • 森カンナ、高畑淳子/『レインツリーの国』公開初日舞台挨拶
  • 森カンナ、高畑淳子/『レインツリーの国』公開初日舞台挨拶
映画『レインツリーの国』が11月21日(土)に公開を迎え、映画初主演を果たした玉森裕太(Kis-My-Ft2)をはじめ、共演の西内まりや、森カンナ、大杉漣、高畑淳子、三宅喜重監督が上映後の舞台挨拶に登壇した。

有川浩の同名人気小説を『県庁おもてなし課』など過去にも有川作品の実写化を手掛けている三宅監督が映画化。真っ直ぐな主人公の青年との出会いをきっかけに、難聴というハンディキャップゆえに他人と深く関わろうとしなかったヒロインが心を開き、変わっていくさまを描く。

映画を見終えたばかりの観客の温かい拍手に迎えられた登壇陣。玉森さんは「ワクワク、楽しみが80%で緊張が20%」と語っていたが、この反応にホッとした表情。普段から見せている天真爛漫さを封印し、さらに髪を30センチもバッサリと切ってこの映画に挑んだ西内さんは「“西内まりや”として前に一歩進めた作品になったと思います!」とうなずく。西内さんにとっても実写映画初出演となったが「まだ試写室でしか見てないので実感がないんです。私も映画館で見て、見終わったら隣りの人に『どうでしたか?』と感想を聞いてみようと思います!」と笑顔で語った。

理容師で、玉森さん演じる伸の母親を演じた高畑さんは「まりやちゃんの髪を切りました! カリスマ美容師ってやつですかね」とご満悦。“息子”についても「これはいいですよ! こんなキレイな息子を生みまして。私の子ですね!」と語り、会場は笑いに包まれた。

舞台挨拶の最後には、玉森さんには完全サプライズで「キスマイ」のメンバーからの祝福のビデオメッセージが到着! 愛情あふれるメンバーからの言葉に玉森さんは「ウルッとするかと思いました。『見たことある6人だ!』と安心しました」と嬉しそうに満面の笑みを浮かべていた。

『レインツリーの国』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top