シルベスター・スタローン、盟友シュワと2ショット!『クリード』ワールド・プレミア | Push on! Mycar-life

シルベスター・スタローン、盟友シュワと2ショット!『クリード』ワールド・プレミア

エンタメ エンタメ

『クリード チャンプを継ぐ男』ワールド・プレミア
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』ワールド・プレミア
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』ワールド・プレミア
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』ワールド・プレミア
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』ワールド・プレミア
  • 『クリード チャンプを継ぐ男』ワールド・プレミア
無名のボクサーが王者の座に果敢に挑戦する不屈の精神と、愛と友情を描いた人間味溢れるストーリーで公開後瞬く間に世界中の観客の心を掴んだ名作『ロッキー』の新シリーズ『クリード チャンプを継ぐ男』。12月23日(金)の日本公開に先駆け、11月19日(現地時間)、アメリカのロサンゼルス、レジェンシー・ヴィレッジ・シアターにて本作のワールド・プレミアが開催された。

元ヘビー級王者アポロ・クリードの愛人の息子アドニスは、生まれる前に死んだ父を知らずに育つ。だが、その血に流れる戦いへの情熱は抑えられず、かつて父と歴史に残る激闘を繰り広げたロッキー・バルボアを探し出し、トレーナーを依頼する。一度は断るロッキーだが、親友アポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、アドニスをチャンピオンにすると決意。果たして絶対的不利なアドニスと、かつての英雄ロッキーは奇跡を起こすことができるのか!?

シリーズ誕生から約40年が経った今年、永遠の名作の“魂(ソウル)”を正統に継ぐ『ロッキー』新シリーズとして興奮と感動のドラマに仕上がった本作に、早くも全米批評家は大絶賛。この日も、会場には世界各国から多くのファンと50媒体にも及ぶメディアが取材に駆けつけ、世界的な注目度の高さを伺わせた。

レッドカーペット上に登場した、我らが永遠のヒーロー“ロッキー”ことシルベスター・スタローンは、本作でアカデミー賞助演男優賞の最有力候補に急浮上。ロッキーとして7度目の復活を果たしたスタローンは、満面の笑みで「新しい世代の人たちが、この作品を祝福し、次のレベルに持っていこうとしている。ものすごく誇りに思う。ここでまったく新しいシリーズが始まり、物語が続いていってくれたら嬉しい」と、物語のさらなる続編を期待する想いを語った。

また、ロッキーの盟友アポロ・クリードの息子アドニスを熱演し、“ネクスト・ウィル・スミス”と呼び声の高い注目の若手黒人俳優マイケル・B・ジョーダンは「『ロッキー』はもの凄く特別な作品だ。(スタローンとの仕事は)最高に興奮した! 撮影中は1日1日を大切にして過ごすことを考えていたよ」と全身全霊で挑んだとコメント。

そして、会場に詰めかけたファンとマスコミを最も驚かせたのは、デビュー作からアクションスターの第1線を走り続けてきた盟友アーノルド・シュワルツネェッガーとの2ショットだ。さらに、伝説のチャンプ、アポロ・クリードを演じたカール・ウェザース、『ロッキー4/炎の友情』でイワン・ドラゴを演じたドルフ・ラングレンらが続々と登場! アポロを演じたカールは「とにかく会えて嬉しいね。今日はエキサイティングな夜だし、映画も良い出来に仕上がっていると思うよ」と“ロッキー”復活を祝福した。

そのほか、『ロッキー』シリーズのエイドリアンを彷彿とさせる新ヒロイン、ビアンカを演じた個性派美人女優テッサ・トンプソンや、本作の脚本・監督をつとめたライアン・クーグラーが登場。加えて、ボクシング界のスーパースター、シュガー・レイ・レナード、『セッション』主演のマイルズ・テラーらが参加し、スタローンの実娘システィン・ローズ・スタローンも父の横にぴったりを寄り添いレッドカーペットを歩いた。

ロッキーゆかりの豪華スターたちが奇跡の総集結しを果たし、“ロッキー”完全復活に対する期待値の高さを証明するプレミアとなった。

『クリード チャンプを継ぐ男』は12月23日(祝・水)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top