【ミラノショー15】ホンダ、アドベンチャーモデルのコンセプトを世界初公開 | Push on! Mycar-life

【ミラノショー15】ホンダ、アドベンチャーモデルのコンセプトを世界初公開

自動車 ニュース

ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ シティ・アドベンチャー・コンセプト
  • ホンダ CB500F
  • 【ミラノショー15】ホンダ、アドベンチャーモデルのコンセプトを世界初公開
  • ホンダ CB500X
  • ホンダ NC700スペシャル・エディション
ホンダは、11月19~22日までイタリア・ミラノで開催される「EICMA2015」(ミラノショー)に出展する二輪車を発表した。

今回、アドベンチャーモデルのデザインの将来方向性を示すコンセプトモデル『シティ・アドベンチャー・コンセプト』を世界初公開する。全く新しいアドベンチャーモデルの提案で、市街地でのライディングにもアドベンチャー精神を採用した。

また、モデルチェンジを図ったミドルクラス6車種と「CRF1000L アフリカ・ツイン」を含む、2016年モデルのフルラインアップも発表する。

ネイキッドスタイルの『CB500F』とスポーティーさを強調した『CBR500R』、クロスオーバースタイルの『CB500X』は、走行性能をスポーティにしたのに加え、ライダーを主眼に置いてさまざまな熟成を図った。ヘッドライトとテールランプはLED化、プリロードアジャスターを装備したフロントサスペンション、ブレーキレバー調整機構の装備、ヒンジタイプのキャップを採用し容量を拡大したフューエルタンクの採用など、装備の充実を図る。

750ccのニューミッドコンセプトシリーズ『NC750S/NC750X/インテグラ』は、3車種ともにモデルチェンジするとともに、EURO4の排出ガス規制値に対応する。「デュアル・クラッチ・トランスミッション」には、「Sモード」で、3段階のレベルを選択できるプログラムを搭載する。9色から選択可能なインストルメントパネルや、新形状のマフラーなども採用する。

CRF1000Lアフリカ・ツインは、ヘッドライトとテールランプにLEDを採用したスタンダードモデルに加え、2タイプを設定。ABSモデルは、リア側のABSをOFFに設定可能とし、「セレクタブル・トルク・コントロール」とナックルガード、エンジンガードを搭載した。デュアル・クラッチ・トランスミッションモデルは、3種類のシフトパターンを選択可能なSモードや、クラッチ制御がレスポンス重視の特性に切り替わる「Gスイッチ」を搭載する。登降坂角を推定し、坂道でも適切なギアを選択する新たな機能も搭載する。
《レスポンス編集部》

特集

page top