「吉永さゆりさんのようになってほしい」監督の熱いエールに、桜庭ななみ思わず赤面 | Push on! Mycar-life

「吉永さゆりさんのようになってほしい」監督の熱いエールに、桜庭ななみ思わず赤面

エンタメ エンタメ

桜庭ななみ/『果し合い』初日舞台挨拶
  • 桜庭ななみ/『果し合い』初日舞台挨拶
  • 桜庭ななみ/『果し合い』初日舞台挨拶
  • 桜庭ななみ/『果し合い』初日舞台挨拶
  • 桜庭ななみ/『果し合い』初日舞台挨拶
藤沢周平原作の時代小説を映像化した『果し合い』の初日舞台挨拶が11月7日(土)、東京・東劇にて行われ、出演する桜庭ななみと杉田成道監督が登壇した。監督が「桜庭さんには吉永さゆりさんみたいになってほしい」と伝え、桜庭さんが照れて顔を覆うような場面も見られた。

『果し合い』は、部屋住みとなった老武士・佐之助(仲代達矢)が、おいの娘・美也(桜庭さん)が思う相手に果し合いを申し込まれたことを知り、刀を手にする物語。10月30日に文化勲章を受章したばかりの仲代さんの最新作としても注目を集めている。

日本が誇る名優・仲代さんとの共演について、桜庭さんは「本当に幸せなことだと思いました。本当に、本当に、本当に宝物になりました」と、感激もひとしおだった。さらに、桜庭さんが「仲代さんと原田(美枝子)さんが30年ぶりの共演だとおっしゃってて、私も何十年後とかにまた共演したい」と思いを馳せるも、監督がすかさず「もう、お墓の下ですけどもね」と鋭いつっこみを入れ、桜庭さんも思わず苦笑い。

また、桜庭さんが今後どんな女優になってほしいかとMCに尋ねられた監督。即答で「吉永さゆりですね」と答えると、場内からは拍手が沸き上がり、桜庭さんは嬉しそうに顔を覆った。監督は「清楚な感じで日本っぽい。最近、洋風の顔の方が多いんですが、さゆりちゃんになってほしい。作品でも着物がなんせ似合ってびっくりしました。竹林に立っているときは『美しいな、かぐや姫の再来か』と思い…ませんでしたけども(笑)」と最後はジョークで締め、場内を賑わせた。

『果し合い』は11月7日(土)~13日(金)まで東劇にて朝10時より1回上映。
《cinamacafe.net》

特集

page top