綾瀬はるか、斎藤工と恋人同士に! 「高台家の人々」実写化決定 | Push on! Mycar-life

綾瀬はるか、斎藤工と恋人同士に! 「高台家の人々」実写化決定

エンタメ エンタメ

『高台家の人々』-(C)2016森本梢子/集英社・ 映画「高台家の人々」製作委員会
  • 『高台家の人々』-(C)2016森本梢子/集英社・ 映画「高台家の人々」製作委員会
  • 綾瀬はるか
  • 斎藤工
『ギャラクシー街道』が現在公開中の女優・綾瀬はるかと、監督・演者とマルチに活躍する俳優・斎藤工を迎え、「ごくせん」「デカワンコ」など数々の映像化ヒット作品の原作者として知られる森本梢子の「高台家の人々」が実写映画化されることが決定。劇中では、綾瀬さんと斎藤さんが恋人役を演じることが分かった。

冴えなくて、口下手で、ぼーっとしたOL・平野木絵。ある日、木絵の務める会社に、元華族で不動産や保険会社等を持つ名家・高台家の長男、高台光正がニューヨーク支社から転勤してくる。長身でイケメン、さらに祖母がイギリス人という見た目もさることながら、東大卒、オックスフォードに留学経験もあるという完璧すぎるプロフィールをもつ光正と、接点があるはずもない木絵。しかし、そんな光正がいきなり木絵を食事に誘ってくる。木絵は、何故気に入られたのか分からぬまま仲を深めていくが、光正の笑うタイミングを見ていると、どうも自分の馬鹿馬鹿しい妄想を覗かれているような気がしてならない。

実は光正には人には言えない秘密があった。それは“テレパシー能力”。人の心を読めることで人間関係に辟易としていた光正にとって、楽しくて・面白くて・馬鹿馬鹿しくも思える妄想をする木絵と過ごす時間は、癒しの時間だった。何より、木絵の純粋な心の中に惹かれていく光正。順調に思われた2人の関係だが、次第に多くの障害が立ちふさがることになり…。

主人公の、平凡で口下手で内気なOLながらも、頭の中ではめくるめく妄想をことあるごとに繰り広げる平野木絵を演じるのは、ドラマ「きょうは会社休みます。」や、映画『海街diary』と話題作への出演が絶えない女優の綾瀬さん。今回の役どころについて、「よく妄想するところは木絵ちゃんと似てます。友だちに妄想話をすると気持ち悪がられます!」と共通点を明かし「ヘンテコな妄想と特殊な能力を持った男女が織り成すコミカルなラブストーリーをお届けできたら」と意気込みを寄せた。

そんな木絵の妄想を読み取るテレパシー能力を持ち主にして彼氏、さらに名家・高台家の長男・高台光正役には、実力派俳優・斎藤さんが配役。ドラマ「昼顔~平日午前3時の恋人たち~」や「医師たちの恋愛事情」などで魅せる演技が多くの女性を虜にしてやまないが斎藤さんだが、「光正さんは全てが私とは程遠いスマートなキャラクターですが、光正の持つ闇の部分等、内側から繋がって行こうと思います」と役作りへの意欲をコメント。また、「本作の肝であるテレパスはSNS主体の現代に何処か当てはまると思いました。皆が本音をとり繕い 感情を整え真実が見付け辛い時代だからこそこの作品に必然性を感じます」と、本作の見どころを語った。

そのほか華々しい高台一家の面々にも豪華キャストが勢揃い。光正と同じくテレパシー能力を持つ妹・茂子には、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』などの水原希子、光正の弟・和正には、『ライチ☆光クラブ』出演の若手俳優注目株・間宮祥太朗。さらに、彼らの母親・由布子役には大地真央。空気が読めない性格でありながら、天真爛漫でチャーミングが故に憎めないキャラクターである父親の茂正Jr.(通称マサオ)役には市村正親と、超豪華実力派俳優たちがキャスティング。

妄想癖のある天然平凡OLと、テレパシー能力を持つイケメンエリートが繰り広げる、奇想天外な妄想に爆笑しつつ、最後は思い悩んで壁を越えていく2人の姿に感涙必至の本作の公開を期待して待ちたい。

『高台家の人々』は2016年6月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top