『バクマン。』動員100万人突破!大根監督「ここからがしつこいんだ、オレの映画は」 | Push on! Mycar-life

『バクマン。』動員100万人突破!大根監督「ここからがしつこいんだ、オレの映画は」

エンタメ エンタメ

『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • -(C) 2015 映画「バクマン。」製作委員会
佐藤健×神木隆之介のW主演作『バクマン。』が、興行収入13億円、動員数100万人を突破する大ヒットを記録した。

高い絵の才能を持つ、真城最高(サイコー)。巧みな物語を書く、高木秋人(シュージン)。クラスメイトの亜豆美保(アズキ)への恋心をきっかけに、二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂きを目指す。編集者・服部に見いだされた最高と秋人。次々と生み出されていく漫画。だがそこに立ちはだかるジャンプ編集部。新進気鋭のライバルたち。そして突如現れ、遥か先を走り始めた若き天才漫画家・新妻エイジ。果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか――。

「DEATH NOTE」を手がけた大場つぐみ×小畑健のコンビによる累計1,500万部のヒット漫画を映画化した本作。主演の佐藤さん、神木さんに加え、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキーら豪華キャストの出演が大きな話題を集めている。

そしてこのほど、10月3日(土)の公開から25日を経て興行収入が13億円を突破! 動員数も100万人を超え、土日前週比80%以上を記録している。

監督を務めた大根仁は、自身のTwitterにて「公開以来順調に?1~2~3~4位。でもほんとここからがしつこいんだ、オレの映画は」とツイート。他作品の公開が続く中、粘り強い興行でどこまで結果を伸ばすのか、大いに期待が高まる。

『バクマン。』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top