松坂桃李、クマ役に最初は戸惑い? 「有吉さんじゃないの!?」 | Push on! Mycar-life

松坂桃李、クマ役に最初は戸惑い? 「有吉さんじゃないの!?」

エンタメ エンタメ

松坂桃李/『パディントン』公開アフレコ
  • 松坂桃李/『パディントン』公開アフレコ
  • 松坂桃李/『パディントン』公開アフレコ
  • 松坂桃李/『パディントン』公開アフレコ
  • 松坂桃李/『パディントン』公開アフレコ
  • 松坂桃李/『パディントン』公開アフレコ
俳優の松坂桃李が10月26日(月)、都内で英映画『パディントン』の公開アフレコを行った。洋画吹き替え初挑戦の松坂さんが演じるのは、主人公の“紳士クマ”パディントン。「クマ役だと聞いて、(テッド役の)有吉さんじゃないの!? って思いました」と笑いを誘った。

世界40か国以上で翻訳された児童文学を、『ハリー・ポッター』のプロデューサーが実写化した本作。ペルーからやって来た礼儀正しいクマが、ロンドンで出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、慣れない都会暮らしでドタバタを繰り広げる冒険ファンタジーで、すでに世界興収で321億円を超えている。

本国では『007』のQ役で人気の俳優ベン・ウィショーが声優を担当しているパディントン。日本語吹き替えでは、パディントンのように礼儀正しく、好青年でありながら、チャーミングな印象がぴったりという理由から松坂さんが担当するが決まった。

「声のキーが高いので、長時間ずっとの収録は難しくて…。1日4時間までと決めて、こまめにアフレコをしました」と松坂さん。パディントンがセロハンテープでぐるぐる巻きになるシーンでは、自ら口元を手で押さえつけて、声の出し方を調整するなど、さすがの役者魂を披露していた。役作りで大切にしたのは、「パディントンの好奇心」だと言い、「彼にとってはお風呂や歯ブラシ、ドライヤーなど人間の暮らしにまつわるすべてが目新しい。『うわー、なんだこれ?』という新鮮な気持ちを意識した」と話していた。

この日はパディントン本人(!?)が、陣中見舞いに訪れ、松坂さんは「とにかくかわいい!」とメロメロ。「ご家族、友人、恋人同士、そして友だち…あっ、2回言っちゃいましたが、ぜひ映画をご覧になって、笑顔になってもらえれば」とパディントンに負けない、生真面目さで映画をアピールしていた。

『パディントン』は2016年1月15日(金)全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top