ヒラリー・スワンク、10年ぶり来日を満喫!歌舞伎、箱根、渋谷…「もちろん和食もね」 | Push on! Mycar-life

ヒラリー・スワンク、10年ぶり来日を満喫!歌舞伎、箱根、渋谷…「もちろん和食もね」

エンタメ エンタメ

ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭『サヨナラの代わりに』イベント
  • ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭『サヨナラの代わりに』イベント
  • 黒木メイサ、ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭『サヨナラの代わりに』イベント
  • ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭『サヨナラの代わりに』イベント
  • 黒木メイサ、ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭『サヨナラの代わりに』イベント
  • ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭『サヨナラの代わりに』イベント
  • ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭『サヨナラの代わりに』イベント
  • ヒラリー・スワンク/第28回東京国際映画祭イベント
アカデミー賞女優のヒラリー・スワンクが第28回東京国際映画祭の特別招待作品『サヨナラの代わりに』を引っさげ10年ぶりに来日。10月23日(木)、東京・新宿ピカデリーで行われたPRイベントに出席した。

前日、六本木ヒルズアリーナで行われたレッドカーペットに続き、この日は午前中にプレス向けの会見も行い、精力的な来日プロモーションをこなすスワンク。それでも「数日オフがあった」そうで、「歌舞伎には息をのんだわ。あの素晴らしさは言葉ではうまく言い表せない。箱根でハイキングや森林浴を楽しんだし、渋谷にも行ったわ」と日本を満喫している様子。「もちろん和食もね」と付け加えて、日本文化への敬意とファンへの感謝を語っていた。

映画は華やかなセレブ生活から一転、難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した女性ケイト(スワンク)と、ミュージシャンを目指す自由気ままな女子大生ベックが織りなす友情を描く感動のヒューマンドラマ。

「生きることを祝福する作品。違う世界に生きる二人の力強い絆が描かれている」とアピールするスワンク。役作りのため、ALSを抱える人々と交流したといい「感情の軌跡を分かち合いながら、彼らのストーリーを代弁するつもりで演じた」と難役をふり返った。

イベントには、スワンクの大ファンだという女優の黒木メイサが駆けつけ、「今日はファン代表です。お会いできて、とってもハッピー!」と有頂天。「自分らしくいられる幸せが描かれていて、とても心が温まった。ヒラリーさんはタフな女性から、可愛らしい女性まで幅広く演じる女優さん」(黒木さん)、「メイサさんこそ美しい女性。ぜひ、演技している姿も見てみたい」(スワンク)と言葉を交わしていた。

第28回東京国際映画祭は10月31日(土)まで、メイン会場となる六本木ヒルズをはじめ、TOHOシネマズ新宿などで開催。『サヨナラの代わりに』は11月7日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開される。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top