【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」 | Push on! Mycar-life

【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」

国道6号線から程近い流山市名都借828にて、創業以来24年にわたり営業を続けている“サウンドワークス”。店舗の壁は黒塗りで、そこに大きく白文字で店名が掲げられているので、近くまで行けばすぐに分かる。前を通り過ぎてしまうことはないはずだ。

カーオーディオ 特集記事
【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」
  • 【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」
  • 【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」
  • 【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」
  • 【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」
  • 【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」
  • 【プロショップ訪問記】サウンドワークス(千葉県)「音が良くなる感動を、気軽に体験してほしい!」

国道6号線から程近い流山市名都借828にて、創業以来24年にわたり営業を続けている“サウンドワークス”。店舗の壁は黒塗りで、そこに大きく白文字で店名が掲げられているので、近くまで行けばすぐに分かる。前を通り過ぎてしまうことはないはずだ。

なお同店は近年、“ソニックプラスセンター柏”としての活動も開始しますますファンが増えている。そんな“サウンドワークス”を久々に訪問し、代表を務める中川雅博さんに、お店の歴史や特長を改めてじっくりと訊いてきた。

さて、中川さんがこの地で営業を開始したのは1996年。24歳のときだったという。実は中川さんはその少し前まで、国際A級ライセンスを保有しモトクロスレーサーとして活躍していた。その頃から、全国を転戦する際の移動の友としてカーオーディオは欠かせない存在だったとのことだ。トランポに自作で機材を取り付けたりもしていたという。

それを仕事にしようと思い立ったきっかけは、大黒PAで怒濤のオーディオカーを目撃したことだ。中川さんは当時のことをこう述懐した。

「レースを引退した後、ひどく落ち込んでいた時期があったんです。バブルが崩壊してメーカーからのサポートも止まりレースには区切りを付けたのですが、その頃父をガンで亡くし、恋愛で痛手を負ったり、不幸が津波のように押し寄せてきて。将来にまったく希望が持てないでいたんです」

そんな中友人に誘われてふらりと行ってみたそこで、レースに替わる新たな“熱くなれるモノ”を見つけた、というわけなのだ。

そして早速、会社員の傍ら自宅ガレージでオーディオカーの製作を開始し、程なくしてお店をオープンさせた。ちなみに当時は“音圧”ブームで、“サウンドワークス”は各地で開催されていた“音圧競技”に積極的に参加し、その名前はたちまち全国の音圧フリークに知られるようになる。

しかし2000年代へと入るとカーオーディオ愛好家の志向は次第に“Hi-Fi”へとシフトしていく。中川さんも、デジタルチューニング技術の凄さを目の当たりにして、これに傾倒。そして今度は活躍の場を“サウンドコンテスト”に移し、結果も積み重ねた。

ところで現在は、お店を訪れるユーザーの大半が初級者だという。古くからの愛好家ならば、“サウンドワークス”と聞けばハイエンドシステムの構築に強みを発揮するお店と連想するかもしれないが、実際は、エントリーユーザーに優しいお店として認知が広まっている。手軽な“スピーカー交換プラン”や、“体験チューニング”を利用するユーザーが多いとのことだ。

「今より音を良くしたいとお考えでしたら、“体験チューニング”がおすすめです。愛車に積まれているユニットに搭載されている調整機能を使って、お試し的にチューニングをさせていただいているんです(工賃3000円、税抜)。“音が変わる体験”を、まずはしていただきたいと思っています。そうすれば、カーオーディオに興味を持っていただけるのではないかと思うんです」

接客においては、どのようなことを心がけているのだろうか。

「お客様のご要望をじっくりとお聞きするように努めています。音やシステムに関することはもちろん、おクルマをどのように使われているのか等々も含め、どういう形をお望みなのか十二分にヒヤリングさせていただいています。

また、測定器を使って現状の音の問題点をチェックさせていただいたりもしています。そうすると、何を行うと効果的なのかが見えてきますから。ご要望と改善すべきこと、この両面からお薦めのメニューを提案させていただいたり。なお、最初から高額なシステムをお薦めすることはありません。初めは少ない投資で音が良くなる感動を味わっていただいて、さらに良い音が欲しくなったときにステップアップを検討されるのが良いと思うんです」

最後に、読者にメッセージをもらった。

「エントリーシステムからハイエンドまで幅広く対応可能です。また、おクルマに関することならどんなご要望にもお応えしたいと思っています。当店をご利用いただける方のカーライフを、全般的にバックアップできるように。

音についての研究はたゆまず続けています。好きですから(笑)。ホームオーディオについても、評判になっている機器があれば自ら使ってみたり。そうして得た知識と経験を、お客様にフィードバックできたらうれしいですね。音にご興味があれば、ぜひお気軽にお越しください」

スタッフの人柄も店内の雰囲気も、至って気さくな“サウンドワークス”。お近くで、そしてドライブが好きで音楽が好きなら、訪ねてみてはいかがだろうか。頼りになるお店であることは、確かだ。

《太田祥三》

特集

page top